ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

BlackBerry、自社サイトで「BlackBerry Classic」の予約を開始、発売は12月中旬

DATE:
  • ガジェット通信を≫

BlackBerry は本日、兼ねてから年末の投入を自供していた「BlackBerry Classic」の予約を開始しました。予約は米国、カナダ、英国、ドイツ、フランスの 5 か国で同時に開始されています。カラーはブラックのみで、本体価格は 米国では $449(約 52,000 円)、英国では £349(約 63,500 円)と英国の方が割高ですが、英国の価格には VAT(消費税)が含まれています。また発売予定は 12 月中旬です。「BlackBerry Classic」は、複数ある型番の一つである「SQC100-1」が 10 月末に Global Certification Forum(GCF)の認証を取得し、EU に投入されることが予想されていました。米国やカナダにも投入されることはおおよそ検討が付いていましたが、米国とカナダで販売される北米版と、イギリスとドイツとフランスで発売される EU 版では対応する LTE の周波数が異なるため、「BlackBerry Passport」とは違い、型番が異なるようです。北米版 : 2100MHz(Band 1)/1900MHz(Band 2)/1700MHz(Band 4)/850MHz(Band 5)/2600MHz(Band 7)/700MHz(Band 13)/700MHz(Band 17)/1900MHz(Band 25)EU 版 : 800MHz(Band 20)/ 850MHz(Band 5)/ 900MHz(Band 8)/ 1800MHz(Band 3)/ 1900MHz(Band 2)/ 2100MHz(Band 1)/ 2600MHz(Band 7)LTE の対応周波数から考慮すると、1800MHz(Band 3)に対応している EU 版の方が良さそうですね。ちなみに WCDMA はどちらも 2100MHz(Band 1)/1900MHz(Band 2)/1700MHz(Band 4)/850MHz(Band 5)/900MHz(Band 6)で、FOMA プラスエリアとなる 900MHz(Band 6)に対応します。現在は BlackBerry 自社サイトのみでの予約受付ですが、今後恐らく Clove や Handtec といった日本にも発送してくれる携帯ショップでも予約販売が開始されると予想されます。Source : BlackBerry


(juggly.cn)記事関連リンク
「BlackBerry Passport」のレッドカラーを数量限定でブラックフライデーに発売
ASUS ZenWatchが米国のGoogle Playストアに登場
Project Araのライバル「Vsenn」ではカスタムROM「Paranoid Android」をサポート、root化されても保証を提供

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP