ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アルツハイマー アポE4遺伝子持つ人は罹患リスクが3~8倍に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 厚労省研究班の調査では、2012年時点で65歳以上の高齢者約3200万人のうち、認知症患者数は約462万人に達する。さらに認知症の前駆段階である軽度認知障害(MCI)の高齢者は約400万人と推計され、65歳以上の4人に1人が認知症に向き合っていることになる。

 認知症には「アルツハイマー型」、「脳血管障害型」、「レビー小体型」、「前頭側頭型」の4つのタイプがあるが、国内で全体の約6割を占めるのがアルツハイマー型だ。アルツハイマー型認知症の患者数は1999年には3万人ほどだったが、2011年には36万6000人と約12倍に急増している。

 年代別の発症率を見ると、65~69歳の有病率は1%だが、80歳で20~25%、95歳以上になると40~50%に増加する。患者の増加は長寿化、高齢化と密接な関係にあることがわかる。

 原因究明は道半ばだが、どんな人がアルツハイマー型認知症になりやすいかは、疫学調査によって徐々に明らかになっている。世の中には、「ボケになりにくい食事」「ボケになりにくいトレーニング」などの情報が溢れているが、医学的に証明されていることはごくわずかだ。

 アルツハイマー型認知症発症の大きな危険因子とみられているのが「遺伝」と「生活習慣」の2つだ。

 2002年に開始されたコロンビア大学医学部のリチャード博士主導の研究では、アルツハイマー型認知症の罹患者が家族に2人以上いる家族を募集した。集まった396家族・943人を長期間にわたり調べたところ、一般の集団と比較して3倍以上の発症率が認められた。

 1992年、米デューク大学の研究チームによって、発症に関与していると突き止められたのが「アポE4」と呼ばれる遺伝子だ。

 アポE遺伝子とは、血液中に存在するタンパク質の一種、アポリポタンパクEの遺伝子のこと。アポE2からアポE4まで3種類あり、このうちアポE4遺伝子を持っている人はアルツハイマー型認知症の罹患リスクが3~8倍になるとされる。

 日本での代表的な疫学研究としては久山町研究が有名だ。これは1988年に健診を受けた60歳以上の1017人を対象に現在まで追跡調査を行なっているもので、非常に信頼度が高いとされている。これによれば日本では約21%の人がアポE4遺伝子を持っているという。

「持つ人」と「持たない人」のアルツハイマー型認知症の発症率を調べた結果、アポE4を持たない集団は10.2%の人が発症したのに対し、持つ集団は28.8%が発症。日本人でも3倍近い差が認められた。

 アポE4の検査方法は綿棒を使って口の中の粘膜を取るだけ。検査にかければ、約1か月で結果が出る。費用は2万円程度から受けられる。病院に行かずに自宅で簡単にできる検査キットも発売されている。

 例えば株式会社メディビックの「アルツハイマー病DNAチェックプログラム」は、DNA採取後3週間~1か月で専用の遺伝子解析サイトから検査結果をダウンロードできる。料金は2万8000円(税込み)だ。

※週刊ポスト2014年11月21日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
1種類しかなかったアルツハイマー治療薬に2種類の新薬登場
癌になった人は認知症になりにくい 逆も同様の調査結果出る
遺伝子検査で分かる 85歳までに80%の確率でボケる遺伝子

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP