ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MLB帰りの投手 中継ぎはうまくいくが先発希望の松坂は不安

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年も多くのプロ野球選手がMLBへ挑戦すると見られている。だが、すべてが成功を収めるわけではない。成績が落ちて日本へ出戻りする選手も多く、しかも野手は日本復帰でさらに悪くなるパターンが大半だ。井口資仁、松井稼頭央は例外的な存在はあるものの、中村紀洋、岩村明憲など内野手に顕著な傾向だ。出戻り投手も精彩を欠く。

「石井一久、井川慶、川上憲伸など、先発陣は軒並みダメ。ただし、薮田安彦、岡島秀樹、五十嵐亮太といったセットアッパーは、メジャーでの限定的な起用法の中で打者を抑える方法を学んでいる。中継ぎ投手に限るならば、成功の可能性はあると思います」(野球データに詳しい広尾晃氏)

 その点、ソフトバンクが獲得に乗り出しているメッツの松坂大輔は、本人が先発にこだわって日本復帰を目指しているといわれていることから厳しそうだ。広尾氏も、「さすがの“怪物”も、もうすでにピークは過ぎている」と手厳しい。

※週刊ポスト2014年11月21日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
阪神事情通が野手より監督補強を提案 「適任者は落合博満」
MLB出戻りの野手 日本復帰で成績悪化傾向顕著、井口は例外
阪神からDeNAへFA移籍の久保康友 先発起用に疑問のデータ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP