ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

年金 現在35歳夫婦は65歳時月額13.7万円で85歳で9.8万円に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 本誌で繰り返し追及してきた“年金自動カット装置”である「マクロ経済スライド」という制度による受給額カットが、いよいよ来年から始まる見込みとなった。
 
 国民にはほとんど知らされていないが、厚労省は96年後の2110年まで「減額率」の見通しを作っている。年金役人が勝手に決めた「年金カット計画表」を明らかにする。

 厚労省の「カット計画」をもとに、20歳で働き始めて60歳で定年を迎えるまで平均的な月給を受け取った夫と専業主婦の妻の将来の合計受給額をシミュレーションしたのが以下の一覧だ(社会保険労務士の北村庄吾氏監修)。

●現在の年齢35歳:65歳時13.7万円/85歳時9.8万円
●現在の年齢45歳:65歳時18.0万円/85歳時12.6万円
●現在の年齢55歳:65歳時20.4万円/85歳時15.0万円
●現在の年齢65歳:65歳時22.6万円/85歳時18.0万円

 いずれの世代でも20~30%、受給額はカットされることになる。

※週刊ポスト2014年11月21日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
年金を70歳からもらうと決めた場合、毎月受給額は42%増加
20歳世代 年金保険料は1160万円多くなり463万円の“赤字”
年金70歳受給開始で現在50歳の会社員は1197万円減額の試算

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP