体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Project Araのライバル「Vsenn」ではカスタムROM「Paranoid Android」をサポート、root化されても保証を提供

つい先日、元 Nokia エンジニアらで設立された「Vsenn」より Project Ara のようなモジュール型スマートフォンの開発が発表されたのですが、Vsenn では AOSP ベースのカスタム ROM として有名な「Paranoid Android」をサポートしているそうです。Vsenn は同社のスマートフォンで「Android ROM Partner」プログラムというサポート ROM の認定制度を設け、その第 1 号として Paranoid Android を認定しました。Paranoid Android は CyanogenMod のように root 化済みの ROM なのですが、Vsenn は root が有効の状態でも製品保証を提供すると述べています。Paranoid Android は Nexus デバイスを中心にサポートしており、「Halo」やその後継となる「Hover」といった通知システム、パイコントロール操作ボタン、アプリのアクティビティに応じて上下のバーの色を変化させる「ダイナミックシステムバー」など、他の ROM にもすぐに取り入れられてしまうほどの使える機能を次々にリリースしています。

Source : Twitter


(juggly.cn)記事関連リンク
Google、Android 5.0を搭載したNexusデバイス向けにGoogle検索アプリの「ハンズフリー」機能を提供予定?
Samsung、iBeaconのような近距離無線通信サービス「Samsung Proximity」を発表
オムロン、Nexus標準の日本語キーボードアプリ「iWnn IME for Nexus」を2.2.6.jp-Google-T19にアップデート、Android 5.0に対応、ダークカラーのキーボードイメージも利用可能に

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会