ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ぽわんツアー最終公演、プールイがヨシヤマモエに下着プレゼント! ぱいぱいでか美の水着ダイブも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

4人組異色ガールズ・バンド、ぽわんが、11月6日に下北沢シェルターにて、ぱいぱいでか美との2マン・ライヴ〈かわいいの押し売りツアーファイナル~来ないと呪う~〉を行った。終演後に、ぽわんは、来年2015年1~3月に同所で3ヵ月連続企画を開催することを発表した。

この日のライヴは、ぽわんが7月9日にリリースしたアルバム『BLUE』を引っさげて、ぱいぱいでか美とともに4ヵ月にわたって全13カ所で開催した全国ツアーのファイナルとして行われたもの。チケットはソールド・アウトし、会場は早くから満員となった。ライヴのオープニングでは、ふたりのコラボ曲を披露したほか、ツアーのオフ・ショット映像を流したり、サプライズで登場したLUI◇FRONTiC◆松隈JAPANのプールイ(ex.BiS)が、同日に25歳の誕生日を迎えたヨシヤマモエ(Vo、Gt)にきわどい下着をプレゼントするなど、ファイナルに相応しい特別な仕掛けが多数用意されていた。

オープニング後に登場したのは、ぱいぱいでか美。「恋のブッキング」から勢いよくライヴをスタートさせると、ツアー中のネットには書けない裏話や、初披露となる新曲を披露するなど、2マン・ライヴならではのヴォリューム満点な内容となった。ライヴの後半では、最前列の観客の頭をなでたり、飲み途中のペットボトルを客席に投げ入れるなど大サービス。ライヴ後にはプリクラのプレゼントまであり、ファンにはたまらないひとときとなった。

転換を挟み、トリのぽわんが登場。1曲目「かわいいっていわないと呪う」から“かわいい! ”コールを受けてライヴをスタートすると、『BLUE』収録曲のほか、バンドマンとの恋を歌った人気曲、この日会場限定で発売となった『IDLE E.p』からの新曲などを披露。演奏中に神永ミサキ(Key)が、ステージに乱入したぱいぱいでか美とともに水着姿で客席にダイブするというひと幕もありつつ、エモーショナルな演奏で会場を魅了した。終演後、再びステージに現れたメンバーが「ここシェルターで3ヵ月連続ライブ企画をやります! 」と次のライヴの開催を宣言すると、会場からは大きな歓声が湧き起こった。

なお、この日のイベントにはLUI◇FRONTiC◆松隈JAPANの参加が計画されていたことも明かされた。イベント中には、3マン開催への前向きな思いをそれぞれが口にしており、実現する日もそう遠くはなさそうだ。まずは、この日発表された、ぽわんの3ヶ月連続企画を楽しみにしておこう。(前田将博)

〈EMTG MUSIC presents 袖の下レコード×ぽわん合同企画「探せ!袖の下 」×「鳴らせ!袖の下」 対決バトル『サガソデ♪ナラソデ♪』Vol,1〉
日時 : 2015年1月21日(水)
開場 : 18:30 / 開演 19:00
場所 : 下北沢シェルター
料金 : 2500円(ドリンク別)
出演 : ぽわん and more,,,,〈スペシャルゲスト〉チリヌルヲワカ

〈EMTG MUSIC presents 袖の下レコード×ぽわん合同企画「探せ!袖の下 」×「鳴らせ!袖の下」 対決バトル『サガソデ♪ナラソデ♪』Vol,2〉
日時 : 2015年2月20日(金)
開場 : 18:30 / 開演 19:00
場所 : 下北沢シェルター
料金 : 2500円(ドリンク別)
出演 : ぽわん and more,,,,〈スペシャルゲスト〉OverTheDogs

〈EMTG MUSIC presents 袖の下レコード×ぽわん合同企画「探せ!袖の下 」×「鳴らせ!袖の下」 対決バトル『サガソデ♪ナラソデ♪』Vol,3〉
日時 : 2015年3月20日(金)
開場 : 18:30 / 開演 19:00
場所 : 下北沢シェルター
料金 : 2500円(ドリンク別)
出演 : ぽわん and more,,,,〈スペシャルゲスト〉????? *12月発表予定

チケットプレイガイド発売あり 一般発売は11月15日(土)
e+、ぴあ、ローソン、シェルター店頭

・ぽわん オフィシャルサイト
http://powann.com

・ぽわんの音源はOTOTOYで配信中
http://ototoy.jp/them/index.php/ARTIST/cd/99948

・たわわなFカップの新星、ぱいぱいでか美がついに歌手デビュー! (音源もOTOTOYで配信中)
http://ototoy.jp/feature/2014061801/

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。