ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ワイモバイル、スマートフォンのデータ通信量をLTEタブレットなどの子回線と共有できる「シェアプラン」を12月4日より提供開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ワイモバイルは 11 月 13 日、同社製スマートフォンのデータ容量をタブレットや他のデバイスと共有できる新サービス「シェアプラン」を 12 月 4 日より提供すると発表しました。シェアプランは、ワイモバイルのスマートフォンを親回線にして、その「スマホプラン」のデータ容量を LTE 対応タブレットなどの子回線と共有できるというものです。ワイモバイルの共有プランではスマートフォン 1 回線につき 3 台までのデバイスを子回線に追加することができます。シェアプランが適用可能なスマホプランは「スマホプランS/M/L」です。シェアプランの基本使用料は 980 円/月となっており、スマホプランM の場合は 490 円/月、スマホプラン L の場合は 980 円/月の割引が受けられます。これは「シェアプランセット割」と呼ばれています。先ほど発表された LTE タブレット「MediaPad M1 8.0 403HW」はシェアプラン対象端末になります。Source : ワイモバイル


(juggly.cn)記事関連リンク
CyanogenMod 11 M12ビルドがリリース。CyanogenMod 12 Nightlyは今月下旬~来月上旬にリリース予定
ワイモバイルの「Nexus 5 EM01L」にもAndroid 5.0(Lollipop)へのアップデートの配信が開始
ワイモバイル、LTE対応の8インチタブレット「MediaPad M1 8.0 403HW」を発表、タブレット版Yahoo!カーナビがプリインストール

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP