ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

働く人のためのワークライフバランスアプリ「生産性向上もへじ」が気になる!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

moheji_1過労による体調不良、うつ病……。長時間労働による心身のダメージが深刻化する昨今。対価に見合わない過剰な労働を避けるためにも、労働者は自らの意志でワークライフバランスをとり、生活を自衛していく必要がある。

そこで、ご紹介したいのがiPhoneアプリ「生産性向上もへじ」。働く人が仕事やお金、プライベート時間を確保するためのアプリとして今月初頭にリリース。ユーザー自身が労働生産性を高めながら効率良く働き、ワークライフバランスを見直すことを目的に開発された。

時給×作業時間×効率評価 =作業価値として労働生産性を算出

アプリでできることはさまざま。希望する収入額、予定作業日数、1日の目標作業時間などを収入シュミレーターによって手軽に設定。自分に合った働き方をイメージした上で、目標が設けられる他、プロジェクト毎に1日単位の作業コストを計測して生産性を管理したり、そのプロジェクトが終了した時点で、最終的に獲得した収入金額を入力し、実作業コストとの乖離幅を算出してくれる。

乖離幅が大きければ、労働内容と給与条件に矛盾が生じている可能性があるため、問題点として見直すことができるというわけだ。

生産性を効率よく管理。過剰労働を未然に防ぐ

生産性を効率良く管理し、収入の向上を目指すという本アプリ。既に長時間労働が発生している場合はもちろん、これからそうなる可能性のあるホワイトカラーエグゼンプションに対して、一方的に搾取される前の防衛手段にもなってくれる。

真面目に仕事に励むのは、決して悪いことではない。けれど、ただ流されるまま働いていたのでは、本来の労働の意味を見失いかねない。アプリの力を借りて今一度、自分のライフワークバランスを見直してみてはいかかだろうか。

生産性向上もへじ

 

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。