ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【新マーケティング】レシートの写真で消費者にキャッシュバック!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スーパーに行くと、何かしらお買い得商品が用意されている。いつもより値引き幅が大きかったり、おまけがついていたり。

もちろん仕掛けるのは小売店だけではない。メーカーも自社製品を買ってもらうために、プレゼントが当たる応募券を付けたり、商品内容量を増量したりと、あの手この手で消費者の関心をひこうとしている。

そうした従来の手法より、メーカーがもっと消費者にダイレクトに働き掛けられるサービスがイギリスで展開されている。消費者にキャッシュバックする「CheckoutSmart」だ。

■口座にキャッシュバック

アプリ(iOS、Android)を立ち上げると、キャッシュバックが受けられる食品や日用品などの写真が、「1ポンドバックします」といった説明とともに紹介されている。

キャッシュバックを受けるためには、ユーザーは該当商品を購入した後に、その購入が記載されたレシートをスマートフォンのカメラで撮影する。

そして、その写真をCheckoutSmartにアップロードすると、ユーザーのアカウントにクレジットが付与される。ある程度クレジットがたまったら、銀行やPayPalの口座に現金が振り込まれる、という仕組みだ。

■win-winのサービス

ユーザー側のメリットとしてはおトクに買い物ができること、それから操作がアプリで完結することだろう。

一方、メーカーにしても、消費者にダイレクトにお得感を訴えることで、商品購入につながることが期待できる。つまり、両方にとってメリットあるサービスといえる。

このアプリ、今年2月から展開されていて、このほど調達した150万ポンド(約2億7000万円)を元に今後は取扱いブランドを拡充させる見込みだ。

スマホ所有率が高まっている昨今、折り込みチラシで特売品をアピールするという手法に取って代わる新マーケティングの一つになりそうだ。

CheckoutSmart

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。