体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

リアルタイム翻訳してくれるiOSキーボードアプリ「Slated」が便利!

Slated

意味の分からない外国語の単語を一つ一つ辞書で調べるというのはもう昔のこと。今では、翻訳アプリがたくさん出回っていて、単語を入力したり文章をペーストしたりすれば、ワンクリックで外国語に翻訳される。

機械翻訳の精度はまだ完全とは言い難いが、それでもいちいち辞書にあたる手間を考えれば、便利といえるだろう。

そして、このほど登場したのは、テキストメッセージで使える翻訳キーボードアプリ「Slated」。自国語で入力した文章がリアルタイムに外国語に変換されていくというものだ。

■文字入力と翻訳が完結

このアプリを使うメリットは、いちいち翻訳アプリで調べてコピペしなくても、メッセージアプリ内で文字の入力と翻訳が完結すること。

Slatedキーボードを使うと、テキストメッセージのテキストを入力するバーの下に、翻訳文が表示されるようになっていて、後は送信するだけ。

■81言語に対応

逆に受信した外国語のメッセージを自国の言葉に直したいときは、メッセージを全文選択して「コピー」をタップすれば、メッセージ入力バーの下に翻訳文が現れる仕組みだ。

Slated はGoogle Translateを活用していて、81言語と幅広く対応。言葉の違う人を友達や同僚に持つ人には使い勝手がよさそうだ。

アプリはiOS 8で利用できる。ダウンロード価格500円のところ、今ならリリース記念として300円となっている。興味のある方はこちらから。

Slated

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。