ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

倉木麻衣が渋谷スペイン坂に登場、武道館ライブでベストアルバム全30曲披露を宣言

DATE:
  • ガジェット通信を≫

倉木麻衣が渋谷スペイン坂に登場、武道館ライブでベストアルバム全30曲披露を宣言

11月12日、デビュー15周年を記念したベストアルバム「Mai Kuraki BEST 151A -LOVE & HOPE-」をリリースした倉木麻衣がTOKYO FMを一日ジャックした。

13時からの生放送『アポロン』では代打DJとして生出演。「久しぶりの生放送で緊張しましたが、とても貴重な経験をさせてもらいました。ドキドキした感じも聞いている皆さんに楽しんでもらえたんじゃないかなと思います」と感想を語った。放送中ジャッキーチェンのファンと公言した倉木はジャッキーチェンマニアとしておなじみの弾丸ジャッキーのテキサスさんとの対談もあり、「ジャッキーチェンの秘密」と題して、映画のワンシーンについてなど熱く語る一幕もあった。この日は全5ワイド番組に続々と登場、締めくくりとして登場した渋谷スペイン坂スタジオで『Skyrocket Company』に出演した。

この日15年前のデビュー当時と同じMai.Kヘアー(ハーフアップ)姿で登場した倉木は、1stアルバム「delicious way」当時のジャケットと今作が同じシチュエーションで撮影されたことに触れ、「当時はメイクさんもスタイリストさんもいなくて、すっぴんでした。学校の帰りにパパッと自分で髪型を作って撮影したのがこの写真でした」と衝撃告白。

当時の写真から変わらないと言われることに対しては、「当時は若かったから今よりずっと大人びていたように思います。スタッフの方も大人ばかりだったので、迷惑を掛けないようにとかいつも考えて強がっていたことも多くて、それがこのジャケットの鋭い視線に表れているかもしれませんね」と笑顔で答えた。今回の企画の意図としては、「私自身も当時の気持ちに戻ってまた頑張っていこうと思えましたし、ファンの皆さんにも私のデビュー当時からの軌跡をたどって楽しんでもらいたかった」と説明した。以前と比べて今の心境としては「今の方がずっと等身大でストレートに気持ちを伝えられているように思います。支えてくださったファンの皆さんに自信をつけてもらいました」と語り、その気持ちが今作の優しいジャケットの表情に繋がっているとも話した。

そして、自身の結婚観に関しては「すべてを理解してくれる人がいいですね。今は歌が恋人ですが、新たに出会う恋人もやっぱり恋人です」と言って笑いを誘っていた。

最後に伝えられた12月6日東京・日本武道館にて行われる単独300回記念のアニバーサリーライブについて「なんと、ベストアルバムに収録されている30曲をすべて披露します!プラス色々なサプライズも用意していますので、ぜひ皆さん期待してください」と力を込めた。

武道館では、アルバムタイトルにもある「LOVE」と「HOPE」を直接ファンに歌で届けてくれるに違いない、まさに”151A=一期一会”な一日になりそうだ。

リリース情報
「MAI KURAKI BEST 151A -LOVE & HOPE-」
2014年11月12日発売

初回盤A:2CD+DVD VNCM-9024~9025 4,200円(税込)

初回盤B:2CD+DVD VNCM-9026~9027 4,200円(税込)

通常盤:2CD VNCM-9028~9029 3,200円(税込)
全形態共通特典:
倉木麻衣単独ライブ300回アニバーサリーライブの公開リハーサルへ150組300名様ご招待応募用シリアルナンバー封入

関連リンク

■倉木麻衣 Official Sitehttp://www.mai-kuraki.com
倉木麻衣 15TH ANNIVERSARY SPECIAL PAGEhttp://mai-kuraki.com/sp/15th/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。