ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GEM、シングル「Star Shine Story」MVで現実の世界と並行する別の世界を表現

DATE:
  • ガジェット通信を≫

エイベックス初のアイドル専門レーベルである、iDOL Streetから今年の1月1日にメジャーデビューした10人組ガールズグループ GEM(ジェム)が、12月17日3枚目となるシングル「Star Shine Story」をリリースする。この発売に先駆けてミュージックビデオが本日解禁された。

前作「Do You Believe?」では、アイドルらしからぬ洋楽テイストなクラブミュージック路線の楽曲にチャレンジし、派手な衣装とメイクで、GEMのコンセプトでもある“ガツガツ踊って、ガツガツ歌う”ハイスペックな「デキるアイドル」を表現して見せた。まさに本格的な歌とダンスで、唯一無二の存在感を放つぞといった覚悟を感じさせた彼女たち。

今作の「Star Shine Story」のミュージックビデオは、前作とは打って変わりアーティスティックで幻想的な世界観を作り上げ、今までにない“アーティスト性の高さ”を感じさせる作品となっている。

ミュージックビデオでは、「君が泣いたり 笑ったり 傷ついたり 愛したりして 深く深い場所で 僕らは出逢っていたはず」という歌詞からインスピレーションを受け、現実の世界と並行する別の世界を描き“出逢っていたはず”の世界を幻想的に表した。

ミュージックビデオを見終わった時、まるで映画を見終わった気持ちになるような壮大な作品が完成した。

今回のミュージックビデオで主人公を務め、1人2役に初挑戦したセンターの武田舞彩(16)は「最初に主人公だと聞いた時はプレッシャーもあったんですけど、撮影の時は、どうしたら良いミュージックビデオになるかを真剣に考えて演じました!『Star Shine Story』は本当に良い楽曲なので、この曲で1人でも多くの人にGEMを知ってもらいたいです!」と意気込みを話した。

商品に収録のフルバージョンではその演技パート部分が全て見ることが出来るという。

実は今回リリースとなる楽曲「Star Shine Story」は8月からライブなどでは披露されており、当初はリリースの予定は特に無かったという。しかし、ライブでのパフォーマンスを重ねていくに連れて、「デキるアイドル」=GEMらしく、「アーティスティック性×アイドル性の融合が絶妙に表現されている」と好評をうけて、満を持してシングル発売が決定したそうだ。

9月には東京・新宿BLAZEでの初めてのワンマンライブを超満員で成功させ、ライブ、イベントの開催ごとに集まる人も増えており、今後の活躍に期待したい。

GEM「Star Shine Story」Short ver.

関連リンク

■GEM オフィシャルサイトhttp://girls-entertainment-mixture.jp/
■GEM オフィシャルブログhttp://ameblo.jp/idolstreet-gem/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP