ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

THE NOVEMBERS、端末や場所で映像が異なる「パラレルミュージックビデオ」を公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

THE NOVEMBERSがニューアルバム「Rhapsody in beauty」に収録されている「Romancé」のMVのパラレルバージョンを公開した。

パラレルミュージックビデオは、閲覧する端末と閲覧する場所(接続するネットワーク)によって異なる映像が映し出されるテクノロジーを活用した、これまでにない新感覚のミュージックビデオ。これはニューアルバム「Rhapsody in beauty」のモチーフの一つである「パラレルワールド」を具現化するために作られた映像作品である。

パラレルミュージックビデオはBOOM BOOM SATELLITESやクリエイティブディレクターを務めたminsakが監修し、映像の監督はトチハラヒロタカが務めている。

仕組みは、ユーザーの端末(ブラウザ)+ネットワークIPによってコンテンツを判別して表示するという、パーソナライズ型コンテンツ。IPの値を解析して、コンテンツの表示を振り分けていて、何度アクセスしても同じネットワークの環境からは同じ映像しか見ることが出来ない。ただし違うネットワークからは異なる映像をみることができる。

具体的には映像内に映し出される水模様がユーザーの見る環境によって、色が変化する仕組みになっている。色という印象を左右させるものを変化させることで、ひとつのミュージックビデオに対して、ユーザーの感想が異なる全く新しいミュージックビデオのひとつである。

映像のパターンは公開されていないが、11種類以上のパターンが用意されているとのこと。自分以外のユーザーがどんな色の世界になっているかをSNSでシェアしたり、あらゆる端末や環境で体験してほしい。

また、小林祐介はパラレルミュージックビデオについて以下のように述べている。

「Rhapsody in beauty」のテーマ、モチーフの一つ“パラレルワールド”。今、自分の目の前にある現実とは別の並行世界。ほんの些細な物事をきっかけに、僕達の世界は全く別の未来へと導かれていきます。

自分に見えている海の色と、他人に見えている海の色は必ずしも同じではありません。そこには“海の色”と“知覚”を巡るパラレルワールドが存在します。

「Romancé」のMVシリーズはあなたの観覧する条件や、環境によって色が変わります。この仕掛けは沢山の人が、それぞれ“一つの人生”を生きていること。そしてその“一つの人生”は、遍く存在する可能性の中の一パターンに過ぎないことを表現しています。

また、MVの中の僕達が自身を取り巻く“ゆらめき”の色の変化に気付くことはありません。いつも通りです。

それは、あなたの人生が別の未来へ枝分かれした様子を、あなた自身で相対的に確かめることが出来ないこと自体の比喩でもあります。あなたがこのMVを観ることをきっかけに、僕達を取り巻く世界の色が変わる。MVの中の僕達はあなた自身でもあります。

小林祐介

「Romancé」ミュージックビデオ
http://the-novembers.com/romance-parallel/

関連リンク

THE NOVEMBERS オフィシャルサイトhttp://the-novembers.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP