ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Nexusデバイスをファクトリーイメージを利用してAndroid 5.0(Lollipop)に手動アップデートする方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

本日、Android 5.0 (Lolipop)の OTA アップデート開始と共に、各機種用のファクトリーイメージも公開されました。アップデートは“今後数週間以内”に展開されることになっていますが、待ちきれない方も多いはず。この記事ではファクトリーイメージを用いて既存の環境を壊すことなく Android 5.0 にアップデートする方法を紹介します。前提条件としては、Nexus デバイスのブートローダーがアンロックされていること、PC 上で Fastboot コマンドが正常に機能することです。また、この記事で紹介した手順は Nexus 5 で実行した結果を基にしていますが、他の機種でもファイル名を変更すれば適用できます。STEP1:ファクトリーイメージを Google の公式サイトからダウンロードします。STEP2:ファクトリーイメージ(tgz ファイル)を展開して、インストール用バッチ / スクリプトをテキストエディタで開きます。STEP3:テキストエディタでファイル中の次のコマンドから「-w」オプションを削除します。「-w」はデータをワイプするオプションなので、それを削除してデータが保持されるようにします。次は Nexus 5 の場合です。

(修正前)fastboot -w update image-hammerhead-lrx21o.zip(修正後)fastboot update image-hammerhead-lrx21o.zip

修正後はファイルを上書き保存します。STEP4:Nexus デバイスのブートローダーを起動し、PC と USB ケーブルで接続します。そして、Windows の場合は「flash-all.bat」をダブルクリック、Linux / Mac の場合は「flash-all.sh」を実行します。

(Linux / Mac の場合)./flash-all.sh

この操作を行うとインストールスクリプトが自動的にファクトリーイメージを書き込みを開始します。完了すると端末が自動的に再起動します。初回起動時はブート画面でけっこう待ちます。Nexus 5 と Nexus 7 のインストールバッチ / スクリプトはエラーが発生することがあります。その場合は、フォルダ内の「image-hammerhead-lrx21o.zip」(Nexus 5 の場合)を解凍し、次のコマンドをブートローダーから手動で実行していきます。

fastboot flash system system.imgfastboot flash recovery recovery.imgfastboot flash cache cache.imgfastboot flash boot boot.imgfastboot reboot


(juggly.cn)記事関連リンク
Google、YouTubeで月額課金制の音楽サービス「YouTube Music Key」のベータ版サービスを提供開始
Google、NexusデバイスのAndroid 5.0(Lollipop)アップデート開始を発表、AOSPでは正式リリース版ソースコードが公開
Google、Nexus 5、Nexus 7(2012 & 2013) Wi-Fi、Nexus 10のAndroid 5.0(Lollipop)ファクトリーイメージを公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP