ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

安倍晋三、麻生太郎等、歴代首相が通う名店はホテル内が多い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 新聞の「首相動静欄」には、どこで誰と食事をしたかということも書かれている。首相が通う店となれば、間違いなく高級で指折りの名店ということになるはず。首相官邸、国会議事堂、議員会館からのアクセスがよく、経験豊富で受け入れ態勢も万全なホテルは、歴代首相が安心して使える御用達スポットだ。

 安倍晋三首相(60才)は、キャピトル東急ホテルの『ORIGAMI』(東京・永田町)が特にお気に入りのようで、今期すでに15回も利用している。このホテルの『水簾』(日本料理)は、野田佳彦元首相(57才)が13回利用と突出。『星ヶ岡』(中華)の利用も多い。

 麻生太郎元首相(74才)は、各ホテルのバー利用が多いが、食事ではホテルオークラ(東京・虎ノ門)利用率が高く、『山里』(和食・天ぷら)12回、『バロンオークラ』(ワインダイニング&シガーバー)7回、『桃花林』(中華)6回が目立つ。

 ホテル以外では、中華が目立ち、東京・赤坂近辺にある『中国飯店』『溜池山王聘珍樓』『赤坂四川飯店』などが、歴代首相のリストに上がる。宴会場が充実していて会談、会食に利用しやすいためと思われる。

 また、河口湖に別荘がある安倍首相は、その近辺のレストラン『異彩中国菜館湖宮』に7回顔を出し、自宅のある渋谷区にある焼肉店『可禮亜』(カレア)を3回訪れるなど、昔からの常連店を忘れていないようだ。

 一方、いわゆる料亭の利用も少なくない。ミシュランの二つ星を獲得している『福田家』(東京・紀尾井町)や、『青山浅田』(東京・青山)、『赤坂浅田』(東京・赤坂)、『牡丹』(東京・芝浦)の名も見える。

 これらの料理店は敷居が高そうだが、一部の店はランチ利用なら比較的リーズナブル。ちょっと改まった席を設けたい時に予約して、「首相めし」を話題にしながら、それぞれの味を味わってみてはどうだろう。

※女性セブン2014年11月27日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
炒飯をおいしく調理するためには化学が必要と中華の貴公子
併設の割烹料理店の料理が味わえるラブホ評論家推薦の一軒
女子会プランが人気のラブホテル フラワーバスや岩盤浴も完備

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP