ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ふるさと納税』で地域貢献!おいしい特産品も堪能しよう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近『ふるさと納税制度』を利用して地域貢献をすることが流行っているそうだ。ところで、このふるさと納税とは一体どんなものなのか。

これは、都道府県・市区町村に対して『ふるさと納税』という形で寄付をすると、寄付金のうち2000円を超える部分について、一定の限度額まで、原則として所得税・個人住民税から全額が控除されるという制度のことだ。ただし控除を受けるためには、寄付をした翌年に確定申告を行うことが必要。自分の生まれ故郷や応援したい自治体など、どの自治体に対する寄付でも対象となる。今回は、その中でも特徴のあるおすすめの食品特典をいくつか紹介しよう。

■長崎県平戸市 「やらんば!平戸」応援寄附金
一定額以上(1万円以上)を寄付した人に、1年を通して平戸市の特産品を送る制度。寄附金額に応じてポイントが付与され、ポイントに応じてカタログの中から好きな特産品を選べる。海産物、肉、野菜、果物、ドリンクなど、その時々のもっともおいしい旬の物が届けられる。注文後に余ったポイントは自動的に積み立てられ、次回の寄付時に併せてポイントを利用可能。

■北海道音更町 ふるさと応援寄附制度
音更町以外に住んでいる個人で、1回につき1万円以上の寄付をした人に、謝礼品として音更町の特典を贈呈する制度。年に何回でも寄付でき、その都度特産品を選択できる。人気の特典には、町内に十勝主管工場を有する、よつ葉乳業のアイスクリームやチーズを詰め合わせた『とかち「よつ葉」プレミアムセット』(3万円以上の寄付)などがある。

■島根県浜田市 ふるさと寄附
個人で1万円以上の寄付をした人に、「選べる特産品リスト」から好きな特産品を進呈。金額に応じてポイントでの交換制となっている。毎月先着300セット限定の『ケンボロー芙蓉ポーク ハム・ベーコン・ソーセージ詰め合わせ』は、食品添加物の使用を低く抑え、肉本来の味を引き出すように製造された新鮮なポークを使用。50万円以上の寄付をした人が選べる『ケンボロー芙蓉ポーク 1頭分』は、芙蓉ポークをなんと丸ごと1頭分楽しめるセットだ。

発送できる特産品は季節によって異なり、数に限りがあるものも多いため、必ず自治体のホームページにて確認のこと。おいしいものを食べられて節税にもなる『ふるさと納税』制度。ぜひ積極的に利用したいものだ。

■長崎県平戸市 「やらんば!平戸」応援寄附金
HP:http://furusato-hirado.jp/index.html
■北海道音更町 ふるさと応援寄附制度
HP:http://www.town.otofuke.hokkaido.jp/life/mainichi-seikatu/zeikin/furusato-ouenkifu.html
■島根県浜田市 ふるさと寄附
HP:http://furusato-hamada.jp/index.html●出典
総務省「都道府県・市区町村に対する寄附金(ふるさと納税)について」
HP:http://www.soumu.go.jp/main_content/000254924.pdf
元記事URL http://suumo.jp/journal/2014/11/12/72244/

【住まいに関する関連記事】自然豊かな地方への移住、「Uターン」就職の最新事情とは
話題の本『コミュニティデザイン』。地域活性に新たな動きが!
地域に根ざした活動を行う「地域密着型不動産会社」の活動とは?
千葉市が待機児童ゼロを達成。その独自の取り組みとは?
県主催の婚活イベントで123組のカップルが誕生、和歌山県の人口減少対策とは

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP