ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『相棒』のプロデューサー 水谷豊の逆鱗に触れ途中降板か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2000年にスペシャル版が放送されて以降、人気ドラマシリーズとなった水谷豊(62才)主演の『相棒』。10月15日からスタートしたseason13も、初回視聴率19.8%を記録し、その後も15%以上をキープしている。

 しかしその陰で、大きな事件が勃発していた。今シーズンのスタッフクレジットから、長らく同ドラマのプロデューサーを務めてきたA氏(51才)の名前が消えているのだ。

「今、『相棒』の撮影現場では、水谷さんがまるで“王様”のようになっているんです。Aさんの降板も、彼の“鶴の一声”で決まったという話です。ふたりは番組立ち上げ当初から15年以上にわたっての“相棒”だったはずなんですけどね…」(番組関係者)

 1987年にテレビ朝日に入社したA氏は、ワイドショーや音楽バラエティーの現場を経て、1994年にドラマ制作の部署へと異動した。『土曜ワイド劇場』の担当になったA氏は、そこで水谷と出会う。そして1999年、ふたりを中心に企画されたのが『相棒』だった。水谷はあるインタビューで当時を振り返りこう語ったことがあった。

《『相棒』を立ち上げる前に、僕とAは1年以上、朝から晩までお茶しながら、よく話しました》

 1年間、ふたりは番組の構想を練り続けた。それもあって、「二人三脚で人気番組を作り上げた俳優と名物プロデューサー」と評判になった。

 そもそも、プロデューサーとは出演者のキャスティングから監督・脚本家などスタッフの選定、さらに内容や方向性の決定など、番組に関するすべてを担っている。そんな“中心人物”であるプロデューサーが体調不良といった一身上の理由以外で途中降板することは異例。まして『相棒』のような局を代表する超人気シリーズの場合、前代未聞の出来事といっても過言ではない。

 ではA氏の降板理由は何だったのか? 別のテレビ朝日関係者はこう声をひそめる。

「Aさんは人事異動があったわけでもなく、以前と変わらず同じ席にいるので、周りは“一体何があったのか”と詮索しています。それで聞いたのは、どうやらAさんが“『相棒』の成功は、自分の実力の賜物”というようなことを話していることが、水谷さんの耳に入ってしまったということ。もしかしたら、Aさんはそんなつもりで話したのではないのかもしれないけれど、水谷さんの失望は、相当大きかったようですよ。

 また水谷さんはドラマではやはり脇役より主人公が立つべきとの考え。そのため、Aさんが水谷さん演じる右京が登場しない、脇役にスポットライトを当てたスピンオフ作品を作ったことも、納得できなかったんじゃないかとの話なんです。これまでずっと二人三脚でやってきたのに、不義理じゃないかって…」

※女性セブン2014年11月27日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
水谷豊が現「相棒」・成宮寛貴の舞台観賞したことが話題に
妻の親友・田中好子と後輩・田中実の死に水谷豊、悲痛な思い
木梨憲武 夫婦で親友の水谷豊に高級鮨店で「1万円貸して」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP