ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ES全体の雰囲気も変わる? 文具メーカー各社が「就活専用ボールペン」発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ES全体の雰囲気も変わる? 文具メーカー各社が「就活専用ボールペン」発売

ビジネスパーソンにとって、書類作成はもっぱらパソコンというのが当たり前だが、学生にはまだまだ筆記用具が必要だ。特に履歴書やエントリーシート(ES)などの「就活書類」を書くときに、ボールペンが必須となる。

書類をきれいに仕上げるために、1本で3つの太さを選べるものや、書類チェック用に赤ペンを混ぜたものなど、工夫を凝らしている。数少なくなった「手書き」の機会を、何とか確保しようとしているようだ。
ノック音を軽減する「消音パーツ」も使用

セーラー万年筆の「就活ボールペン」は、東京都市大学の学生チームと共同で企画したもの。外見は普通のよくある3色ボールペンだが、インクは全て黒で、少しずつ太さが違うのがポイントだ。

エントリーシートや手帳で、細かい文字を書くときに使う0.5ミリ径と、履歴書や説明会でのメモなど日常的に使える0.7ミリ径、郵便物の宛名を書くときなどに使う1.0ミリ径の芯が入っている。

加えて、企業説明会でメモをとるときに音がカチカチならないよう、消音パーツを使用してノック音を軽減。さらに、いざというときにインクが切れて困らないよう、使用頻度の高い0.7ミリ径の替芯も収納されている。

セーラー万年筆の企画課の担当者によると、2012年に同様の「就活ボールペン」の第1弾を発売したところ、当初の見込みの3倍という好調な売上を記録したという。芯の太さを使い分けられるのが受けた。

「購入した学生の中には、『ESで強調したい部分を太字にする』といった使い方をしている人もいました」

11月に発売した新商品は、通常の「就活ボールペン 3way-S」(税込価格378円)と、消音仕様を外した「就活ボールペン 3way-M」(同1080円)の2種類。学生生協や文具店で販売し、年間売上10万本を目指すということだ。
「就活生を食い物にするな!」と抗議する人たちも

セーラー万年筆では10年ほど前にも、1本のペンに3つの違う太さの芯が入った「3M」を発売したことがあったが、そのときは「コンセプトがユーザーにうまく伝わらなかった」ため不振に終わった。それだけ「就活生向け」というワードが強いということだ。

こうした就活生を対象にしたボールペンは、他社からも発売されている。ぺんてる社の「就活ペン」は、エントリーシート用の極細0.35ミリ径と、履歴書に使う0.5ミリ径、書類のチェックに使う赤の0.5ミリ径の3本をセット。速乾性で書類を汚さないゲルインクを使っているのも特徴だ。

「就活ペン」は、通販サイトのアマゾンのレビューで5点中平均4点と評価が高く、購入者からは「就活中に大活躍だった」「スルスル、サラサラ、書けます」といったコメントが並ぶ。就活生の親が買うケースもあるようで、

「就活でエントリーシートを何枚も書いている息子へのプレゼント。書きやすく疲れないようです」

という書き込みもあった。ブログ「大学生はこれを見ろ」は、書き味の悪いボールペンだと文字がかすれたり滲んだりして、ES全体の雰囲気が変わってしまうと指摘。書き味滑らかな三菱鉛筆の油性ボールペン「ジェットストリーム」とゼブラ社のジェルボールペン「サラサ」を推奨している。

一方で、就活生からは「書類の手書き自体をやめさせるべきだ」という不満も根強い。就職氷河期に発生した「就活抗議デモ」では「就活ボールペンを廃止せよ!」「就活生を食い物にするな!」とシュプレヒコールがあがったこともあった。

あわせて読みたい:ホリエモン「絶対正社員になるな」で物議
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。