ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

つじあやのさんと一緒に自然エネルギーを体験! 岩手県葛巻町のエコ施設を巡るツアー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

自然エネルギー利用の最先端をいく高原の町・岩手県葛巻町。10年以上前から再生可能エネルギーに取り組む同町では、「風力発電」や「太陽光発電」のほか、昔から行っている酪農を活かし、牛の排泄物から電気をつくる「畜ふんバイオマス」という葛巻町ならではの取り組みを行っているのだとか。

そんな“エコ”な町・葛巻町で、10月25日から2日間に渡り、シンガーソングライターのつじあやのさんと一緒に、クリーンエネルギーについて考え体験できるイベント「ごはんも! でんきも! 自分でつくろう『ひかり照らす森の音楽会』と『エコエネルギーの町葛巻』まるごと体験ツアー」が開催された。

同イベントは、環境月刊誌『ソトコト』のシリーズ企画「ソトコト的でんきの教室」のコーナーの一環として行われ、参加者は、1日目につじあやのさんによるウクレレを使ったライブを楽しみ、2日目は葛巻町内の発電施設などを見学した。

初日に行われたつじあやのさんのライブは、自家発電施設「森と風のがっこう」(旧小屋瀬小中学校上外川分校)の敷地内にある森の中で行われ、日没後の17時に開始された。ソーラーパネルによって発電された電気を使い照明をセットし、参加者による手作りステージの中、つじあやのさんはマイクを使用せずに『風になる』など5曲をアカペラで披露した。寒さのあまり、吐く息は白くなり、ウクレレのチューニングがずれてしまう事態も起きたが、美しい歌声に参加者は酔いしれた。

ライブが終わると、つじあやのさんは「ライブ前に皆で飾り付けをしたりステージ作りしたことが新鮮で楽しかった。今後の参考にしたい」とコメントした。

翌日、参加者は町内の自然エネルギー施設を訪問。風力発電所「グリーンパワーくずまき風力発電所」や自然エネルギーを利用したモデル住宅「くずまき高原牧場ゼロエネルギー住宅」、畜ふんバイオマス施設「くずまき高原牧場畜ふんバイオマスシステム」などを見学。

町役場のスタッフから、葛巻町の面積の86%が森林であること、町内には25個のエコ施設があり、そこでは葛巻町の世帯数のおよそ5.5倍の年間約16,000世帯分の電気がつくられている(平成25年4月現在葛巻町の世帯数は2,885世帯)ことを説明されると、参加者は改めて葛巻町の凄さを知ったのだった。

イベントに参加した人たちからは、「電気だけでライブをすることに感激した」(40代男性)「エコについて考えるきっかけになった」(30代男性)などという声が上がった。

葛巻町は、国内でも有数のクリーンエネルギーを地産地消する町。牛乳やチーズ、牛肉など“食”にも恵まれた素晴らしい町でもある。一度葛巻町に訪れてみては?


ソトコト
http://www.sotokoto.net/denki-tsukuru/02/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。