ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ロマンティック・ピアノの最高峰、ビージー・アデールの最新ベスト・アルバムが本日発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ロマンティック・ピアノの最高峰であるジャズ・ピアニスト、ビージー・アデールの最新ベスト・アルバムが発売となった。日本初登場となる近年のアルバム収録曲に加え、TVドラマ「若者たち」主題歌、そして平井堅の「瞳をとじて」のカヴァーが収録されている。

メロディの美しさをそのままにエレガントで洗練されたアレンジが、日本でもジャズ・ファンから、ポップス・ファンまで幅広い層を虜にしているビージー・アデール。2010年「いい日旅立ち」をボーナストラックとして収録し話題をさらった日本デビュー・アルバム「マイ・ピアノ・ロマンス」は年間JAZZアルバム・チャート1位を記録する大ヒットとなった。同年、続いてリリースされた「マイ・ピアノ・ジャーニー」、「マイ・ピアノ・クリスマス」、2011年「マイ・ピアノ・メモリー」もJAZZチャート1位を記録している。

ジャケットは、これまでビージーの日本盤ジャケットを手掛けてきたイラストレイター早乙女道春氏による描き下しイラストが採用されている。

リリース情報

アルバム「マイ・ピアノ・カヴァーズ~ビューティフル・バラード~」
2014年11月12日発売
UCCQ-1024 2,160円(税込)

<収録曲>
1. 若者たち  *最新カヴァー 
(Masaru Sato/Toshio Fujita) New Recording
2. 酒とバラの日々 
(Henry Mancini/Johnny Mercer) From “Days of Wine and Roses: Songs of
Johnny Mercer”)
3. 枯葉
(Johnny Mercer/Joseph Kosma/Jacques Prevert) From “Days of Wine and
Roses: Songs of Johnny Mercer”
4. ムーン・リヴァー
(Henry Mancini/Johnny Mercer) From “Days of Wine and Roses: Songs of
Johnny Mercer”
5. マイ・フーリッシュ・ハート
(Victor Young/Ned Washington) From “Quiet Romance”
6. 時の過ぎゆくまま
(Herman Hupfeld) From “As Time Goes By: silver screen classics”
7. 星に願いを
(Leigh Harline/Ned Washington) From “As Time Goes By: silver screen
classics”
8. アイム・ア・フール・トゥ・ウォント・ユー
(Joel Herron/Frank Sinatra/Jack Wolf) From “By Myself”
9. 縁は異なもの
(Stanley Adams/Maria Grever) From “A Time For Love”
10. マイ・ワン・アンド・オンリー・ラヴ
(Robert Mellin/Guy Wood) From “A Time For Love”
11. ア・タイム・フォー・ラヴ
(Johnny Mandel/Paul Francis Webster) From “A Time For Love”
12. バット・ノット・フォー・ミー
(George & Ira Gershwin) From “By Myself”
13. 虹の彼方に
(Harold Arlen/E.Y. Harburg) From “As Time Goes By: silver screen classics”
14. 恋をした時
(Victor Young/Edward Heyman) From “Quiet Romance”
15. 瞳をとじて (平井堅カヴァー)
(Ken Hirai) Previously Unreleased

Beegie Adair: Piano
Roger Spencer: Bass
Chris Brown: Drums
Track 5, 8, 12 and 14 are by solo piano
Denis Solee (saxophone) is added on Track 14

関連リンク

■ビージー・アデール ユニバーサル ミュージックサイトhttp://www.universal-music.co.jp/beegie-adair/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP