ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホの“子機”として使える「Talkase」、コールの発信・受信が可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界的にヒットが続いているiPhone 6。さまざまな新機能が搭載され、そして大きな画面で文字や映像も見やすくもなった。

しかし、難点は大き過ぎて手に持って通話しにくいこと。また、持ち歩こうにもiPhone 6 Plusだとポケットに入らなかったりする。

これは、iPhoneに限らず、大きめのスマートフォンを持っている人に共通の悩みだろう。そんなスマホユーザーに便利そうなのが、資金調達サイトKickstarterにこのほど登場した「Talkase」だ。

■クレジットカード大、薄さ5.5ミリ

Talkaseは、スマホとBluetoothでつなげば“子機”として使えるというもの。小さなスクリーンとキーパッドがついていて、スマホにかかってきた電話を受けたり、電話をかけたりもできる。

Talkaseの特徴は何と言ってもそのコンパクトなサイズ。クレジットカード大で、わずか5.5ミリという薄さ。これなら服のポケットにすっぽりおさまる。

つまり、スマホ本体はバッグの中にしまっておいて、Talkaseを身に付けていれば「着信に気付かなかった!」ということがなくなる。

また、スポーツやアウトドアのアクティビティの時などは、Talkaseだけを取り出しやすいところに持っておけば、高価なスマホを破損するリスクを避けられる。

実は子機機能だけでなく、TalkaseはBluetoothでつながなくてもマイクロSIMカードを差し込めば、単体で携帯電話として利用することが可能だ。ただし、これはGSM規格、つまり2Gなので、残念ながら日本では利用できない。

■キャンペーン後に“バラ売り”

Talkaseにはスマホの背面にTalkaseが取り付けられる専用のケース(iPhone5S、6、6 Plus対応)がついてくる。Kickstarterでは、このケースとTalkase本体、充電器、USBケーブルがセットになっていて、今なら39ドルで入手できる。

もし、ケースは不要という人には、今月21日までのKickstarterキャンペーン後にバラ売りもするとのこと。

単体の電話として使えなくても、スマホ子機として十分便利なこのTalkase、世界どこにでも発送してくれるので興味のある人は要チェックだ。

Talkase/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP