ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

英紙が「世捨て人」表現 雅子妃への海外メディア報道の歴史

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 雅子妃の11年ぶりとなる宮中晩餐会出席は世界の注目を集めた。英国のタブロイド紙『デイリーメール』の10月31日付の記事の見出しはこうだ。

〈世捨て人の雅子皇太子妃が、オランダ国王夫妻の来日中に稀な姿を見せた〉。
 
 欧米メディアは「キャリアウーマン」の雅子妃が皇室に嫁いで「孤独な闘い」を続けてきたと捉える報道をしてきた経緯があり、同妃の適応障害の闘病についても、皇族特有の問題があるのではないかと率直な疑問を投げかけてきた。いま海外メディアに平成皇室はどう映り、その報道は平成皇室にどのような影響を及ぼすのか──。

「実際、1993年に皇太子の結婚相手は小和田雅子さんとスクープしたのは米紙『ワシントン・ポスト』だった。雅子さまもご自身に批判的な論調が目立つ国内メディアより、率直な海外メディアの報道のほうが気になるようです」(ベテラン皇室記者)

 海外メディアの報道に過敏になるのは宮内庁も同様だ。「海外からの視点」は皇室をめぐる論議に大きな影響を与えてきた歴史があるからだ。

 1993年のロイヤル・ウェディング後、なかなか表舞台に登場しない雅子妃に海外メディアは徐々に失望の色を強めた。1995年、仏ロイターは、〈かつては溌剌としたキャリアの外交官だったが、日本の宮廷の硬直した儀礼の世界に引きこもってしまった〉と報道。1996年に米誌『ニューズウィーク』は〈金ピカの窮屈な鳥かごの中のプリンセス〉と題して、雅子妃の姿が見られるのは〈列車や車に乗るときだけ〉と報じた。
 
 その批判は皇室と宮内庁に向かった。
 
「雅子さまは活躍の場を求めているのに、それを許さないのは日本的な男尊女卑の考え方であるという指摘です。王妃や王女が華やかに活動する欧州の王室を規準にすれば、日本の皇室が特殊に映るのは仕方ないが、それを日本メディアが引用したことで、国内にも皇室のしきたりや宮内庁の姿勢に疑問を呈する声が広がった」(同前)

“誤解”を解くために、宮内庁は1996年12月、33歳の誕生日に雅子妃の単独会見を開いた。その場で雅子妃は「(海外の報道は)少し極端ではないでしょうか」と語り、一旦は海外の「過熱報道」は沈静に向かったかに見えた。
 
 だが、2001年12月の愛子内親王誕生を機に、再び海外報道が白熱する。
 
 英紙『ガーディアン』は〈男子のみ後継可能な法律をどう変えるか〉、米紙『ニューヨーク・タイムズ』は社説で〈日本の女性天皇の時代〉と報じ、皇位継承権を男系男子に限定する皇室典範の改正に言及した。再び「男尊女卑の皇室」の国際的イメージを増幅させ、日本ではタブーだった「女性天皇論」は政治を巻き込む議論に発展していく。
 
 その3年後、皇室を揺るがした「人格否定発言」問題でも、欧米メディアは雅子妃に同情的な論調を展開した。宮内庁OBが語る。
 
「英国では主要4紙がこの問題を大きく取り上げました。国内では『人格否定』の犯人捜しが主な話題でしたが、英紙の報道はいずれも皇室の構造的な問題に踏み込むものでした」
 
 海外メディアの雅子妃同情論は、2006年9月、秋篠宮家に悠仁親王が誕生するとさらに強まった。「将来の天皇誕生」と慶事に沸く日本メディアと対象的に、仏紙『ル・モンド』は男系男子を求める皇室制度を〈男性支配的でアナクロである〉と断じた。折しも悠仁親王の誕生直前、皇太子一家は雅子妃の治療のためにオランダ静養に入っていたが、現地紙は〈弟宮妃の出産からの逃避行〉と報じている。
 
 しかしそうした海外の同情論は、雅子妃を取り巻く環境に新たな軋轢をもたらした面も否定できない。
 
「男系男子を支持する皇室典範改正反対派からは、『日本の皇室と諸外国の王室を同一視すべきではない』『ゴシップにまみれた欧州の王室と日本の皇室は違う』という主張が上がり、それはオランダ静養を雅子妃の“わがまま”と見なす論調に結びついた。外国の同情論は雅子妃に対する批判的な声を強める結果になった」(東宮職関係者)
 
 宮内庁が今回の「世捨て人」報道をタブロイド紙ながらも敏感に受け止めるのは無理からぬ事情があるのだ。

※週刊ポスト2014年11月21日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
東宮家と秋篠宮家両夫妻 確執報道渦中に笑顔で公の場に登場
宮内庁職員「皇太子殿下は3.11に被災地に赴いてもよかった」
宮内庁の予算約170億円 天皇家のプライベート予算約3億円

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP