ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

宮崎アニメに隠された平和への祈りを気鋭の学者が読み解く書

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『ジブリアニメから学ぶ宮崎駿の平和論』秋元大輔/小学館新書/778円

 平和学を研究する著者は、『天空の城ラピュタ』に出てくる有名な呪文バルスが、トルコ語で平和を意味していると指摘。ラピュタの軍事力を使って世界征服を目論むムスカと戦ったパズーとシータには、力と恐怖による支配への抵抗というテーマが込められていたとする。このように本書は、「戦争と平和」をキーワードに、『風の谷のナウシカ』から『風立ちぬ』までの宮崎作品5作に隠されたメッセージを読み解いている。宮崎アニメをより深く理解する手助けをしてくれる一冊だ。

※女性セブン2014年11月20日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ジブリ鈴木P『風立ちぬ』『かぐや姫』は2人の監督への退職金
「ヒゲの隊長」佐藤正久氏選ぶ戦争映画は『明治天皇と日露大戦争』
宮嶋茂樹氏が選ぶ抜群戦争映画は『ブラックホーク・ダウン』

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP