体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

INFINITE、12月リリースのニューシングルは布袋寅泰が書き下ろし

INFINITEが、布袋寅泰書き下ろしによる最新シングル「Dilemma」をリリースすることを発表した。

INFINITE×布袋寅泰 (okmusic UP's)

どんなケミカルが飛び出すのか? このアーティストの並びを見ただけでも大きな話題となること間違いなしの今回のシングルは、INFINITEが生楽器をフィーチャーする楽曲を好んでピックアップすることが多く、つねにそのタイプの楽曲を探していたところ、布袋さんのギター・サウンドを取り入れたい、というアイデアが発端となり実現した。またメンバーのエルは布袋さんのファンでギターをコピーしていたほどだったという。なお、INFINITEにとって邦人アーティストに書き下ろしてもらうのは初、布袋寅泰も韓国アーティストに曲を提供したのも初となる。

INFINITEは今回同時に発表された今作のプロモーション用アーティスト写真の撮影の際の来日時に布袋寅泰と初対面、その際に「「BE MY BABY」や映画『キル・ビル』のメインテーマ曲「BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY」などとても好きな楽曲です!」と楽曲提供に興奮とともに感動していたという。一方のギター・ソロも楽曲中、弾いているという布袋寅泰も「彼らのダンスのシンクロ率が99.9%と聞き、僕のビートと共に100%に挑戦してほしいと思い作曲した。世界中のINFINITEファンの皆さんの気持ちとシンクロしてくれたらもっと嬉しいです。」とコメントを寄せている。

音楽シーンに新たな軌跡を残しそうなこの「Dilemma」は12月24日発売。なお、商品の詳細は決定次第、後日発表となる。

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
INFINITE オフィシャル・サイト
布袋寅泰、ニューアルバムリリースに合わせてイギー・ポップのスペシャルインタビューを公開

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。