ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ISISと戦うために欧州からシリアへと向かう暴走族

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 現在世界80か国以上からムスリムの助人が続々と参加するISIS。最近では油田を制圧有効活用し株式も発行、多国籍大企業としても活動しています。

 先日日本からも大学生が面接に行こうとして捕まったのは記憶に新しいですね。最近はいろいろな国が参加希望者発見につとめているので、面接にこぎつけるのも大変そうです。

【関連:シリア拘束中の湯川氏―ミリタリーショップ経営の過去などにネットでは戸惑いの声】

 一方、少ないながらも反ISISの戦いに向けてイラク北部のクルド人達の元へ行く人たちもいるようです。
BBC、其の他欧米のメディアによるとオランダ(3人)やドイツ(2人)の暴走族構成員がISIS討伐に中東へ向かったそうです。

 暴走族というと、喧嘩好きとは言うものの、所詮は素人、酒は飲むしたばこは吸うで一体戦力になるのか?といったイメージを抱くかもしれません。(暴走族それ自体も近年日本では首都圏で見ることは少なくなりました。今では空気のきれいな田舎で伝統を守っているようです。)
しかし、これらヨーロッパからの暴走族のメンバーには軍隊での勤務歴があり、屈強な(あまり海外旅行で会いたくない)方々ばかりです。

 Klaas Ottoさんはオランダを中心に活動する暴走族集団No Surrender(降伏しない)の幹部です。警官にもsurrenderしなそうなガタイの人物。構えている黒塗りでダット・サイトを載せたAKMがしっくりきています。なんでもオランダ海兵隊出身とか。
現在彼は仲間二人とイラク北部でクルド人武装集団に加わり、ISISとの戦闘に参加しているそうです。彼らは元々オランダ軍人として、海外での戦闘経験もあるそうです。経験豊かな中途人材ですね。
しかも、オランダにいたときから暴走族なのに酒も飲まず、夜遊びもせず、筋トレに明け暮れる毎日だったとか。(仲間談)
彼らの場合暴走族という定義自体を見直したほうがいいかもしれませんね。
なお、彼らはISISによって世界中に配信された、アメリカ人ジャーナリストの処刑動画を見て「そうだ、シリア行こう」、と思い立ち義勇兵になったそう。

 他にも、ドイツの暴走族集団Median Empire から参加している方々もいます。
腕は太いかもしれませんが、横幅がある人もいるので実戦で動けるかは疑問です。しかし、彼らはクルド系ドイツ人なのでクルド武装勢力と会話ができるそうです。でも初めはクルド人の一般市民だけでなく、軍人からも怖がられたよう。それが今では子供にも懐かれまくっています。

Suna Slyme EziとAK

ドイツ人義勇兵とクルドの子供

 BBCによると、当たり前ですが、今回は暴走族たちはバイクには乗らず、なるべく目立たないようにしているとのことです。行動力だけでなく、TPOを守れる、空気も読める人材が国際社会では求められているようですね。

参考・引用:
BBC NEWS
Mail Online
RT
Facebook(kawa.rajabwali)

(文:石井健夫

カテゴリー : エンタメ 動画 タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP