ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あなたは大丈夫? 「スマホ指」にならないための予防法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

SNSへの投稿で、「スマートフォンを使うようになったら指の形が変わった」「痛みを感じるようになった」などといった悩みを見かけることがある。しかし、本当にそんなことが起こるのだろうか?

実は、指の変形については、「テキスト・サム損傷」との名称で、海外を中心に問題視されている。特に指摘されているのが、小指の変形。スマートフォンを持つ場合には、小指の第2関節、あるいは、第1関節と第2関節の間の「腹」を支点とする人が多い。このような持ち方だと、一点に負担が集中するため、変形の大きな原因になっているのではないかと考えられている。また、痛みについては、スマートフォンの使用を原因とした腱鞘炎ではないかと、医学界から指摘する声もある。

こうした「スマホ指」にならないよう気をつけたいところだが、現代人にとっては「なかなかスマホは手放せない」というのが正直な気持ちかもしれない。そこで、指の変形や痛みを招かないための、スマートフォン使用法、注意点を紹介しよう。

できるだけ、1回あたりの使用時間を短くすることが望ましいが、仕事などでどうしても長時間使わなければならないときは、ときどき休憩を挟むことが抑止効果を生む。また、人差し指と中指、薬指と小指、といった指と指の間を広げるストレッチを行うことで、負担のかかる部分の筋肉の緊張を和らげるようにしよう。

一方、片手だけ、親指だけでスマートフォンを操作する人もいるかもしれないが、前述した小指に負担をかけてしまう持ち方が、これ。理想的なスマートフォンの持ち方は、例えば、右利きの人は、左手の手のひらの上でスマートフォンを持ち、右手の各指を使うといった、両手を用いる操作方法だ。また、iPhone、Android共に、近年は端末が大型化する傾向が見られるが、こうした機種は両手を使わないと操作が難しい。無意識のうちに片手だけで操作しないために、大きめのスマートフォンを使うのも一つの方法といえる。

関連記事リンク(外部サイト)

高価なカメラなんて必要ない!? スマホでキレイに撮影する方法
誰でも簡単に作れちゃう オリジナルデザインのiPhone6用ケースはいかが?
ほんやくコンニャク……じゃありません! スマホを覗くと単語が分かるアプリ「映すだけ!瞬間翻訳」とは?

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP