体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2014年、もう一つの「50周年」~第一太平洋横断海底ケーブル「TPC-1」開通を振り返る

2014年は「東京五輪50周年」「東海道新幹線開通50周年」として、テレビや新聞では50年前を振り返る特集が目白押しだ。坂本九の「明日があるさ」や美空ひばりの「柔」がヒットし、テレビでは「ひょっこりひょうたん島」が放送開始。カルビーの「かっぱえびせん」やロッテの「ガーナチョコレート」が発売され、プロ野球日本シリーズでは南海ホークスが阪神タイガースを下して日本一になった。また、日本人の海外渡航が自由化されたこの年は、国際通信の世界でも、画期的な出来事があった。太平洋を横断する初の海底同軸ケーブル「TPC-1」が6月に開通したのである。

その第一太平洋横断海底ケーブル「TPC-1」が、2014年11月12日、「電気、電子、情報の分野で、技術的に優れていると同時に社会に貢献した顕著な業績である」と認められ、IEEE Milestoneに認定された。IEEEとは、アメリカ合衆国に本部を持つ電気工学・電子工学技術の学会だ。会員は世界各国におり、電気、電子、情報通信分野での標準規格制定、標準化などの活動を行っている。IEEE 802.11(無線LANの国際標準規格)は、IEEEが制定した標準規格の中でも最も身近なものの一つである。KDDIがIEEE Milestoneに認定された業績としては3件目となり、IEEE Milestoneに選定された電話海底ケーブルとしては「大西洋横断ケーブル TAT-1」(1956年)に次ぎ、TPC-1は2つ目となる。

2014年、もう一つの「50周年」~第一太平洋横断海底ケーブル「TPC-1」開通を振り返る

電波を増幅して送り返す機能を備えた初の通信衛星「テルスター1号」

1955年から始まった高度経済成長期には、日本のGDPは年平均10%以上の成長を遂げ、家庭においても、白黒テレビ・洗濯機・冷蔵庫が三種の神器ともてはやされていた。1964年時点での普及率は、冷蔵庫が約4割、洗濯機が約6割、白黒テレビは約9割に達していた。一方で、住宅用固定電話の普及率はまだ1割にも達していなかった。ダイヤルを回すタイプの黒電話だ。緊急の場合には、ご近所に電話をかけさせてもらいにいくことも珍しくなかった。もちろん、携帯電話サービスはまだ日本には存在していない。

当時の日本は、東京オリンピックに向けた都市インフラ整備が急速に進められていた。飛行機で来日する選手や関係者を受け入れるために始まった羽田空港拡張工事はこの年完了し、東京モノレールも開通した。東海道新幹線の「ひかり」は東京-新大阪間を3時間10分(開業から1年間は4時間)で結び、夢の超特急としてもてはやされた。ちなみに新幹線開業以前、最も速く東京・大阪間を結んでいたのは東海道本線の特急「こだま」「つばめ」の6時間30分。一方、現在の「のぞみ」の東京-新大阪間所要時間は最速で2時間25分と、さらに短縮された。

2014年、もう一つの「50周年」~第一太平洋横断海底ケーブル「TPC-1」開通を振り返る

電話が可能な太平洋横断海底ケーブル第1号となるTPC-1のルート

2014年、もう一つの「50周年」~第一太平洋横断海底ケーブル「TPC-1」開通を振り返る

1964年6月19日、TPC-1による初の日米通話は、池田首相と米国のジョンソン大統領の間で行われた

この時代の国際通信に目を向けると、1960年代初めまでの主役は短波無線だった。国内数カ所に設けられた大規模な無線送信所・受信所が外国との通信を一手に担っていた。しかし、短波無線は、電離層の反射によって伝達されるため通信品質が不安定だったり、利用できる周波数に限りがあるため、国際通信の需要が増えるにつれて帯域がひっ迫したりといった問題を抱えていた。この課題を解決するべく、英米間を有線でつなぐ大西洋横断海底ケーブルTAT-1の建設(1956年)を契機とした欧米間の海底ケーブル建設ラッシュやアメリカによる通信衛星Telster1号(1962年)打ち上げなどにより、国際通信の主役は短波から衛星と海底ケーブルに移り始める。

KDDIの前身の1社であるKDDは、1963年に茨城宇宙通信実験所を茨城県多賀郡十王町(現:日立市十王町)に開所し、アメリカとの間で初の衛星テレビ中継実験を実施した。予定ではケネディ大統領のメッセージが届けられるはずだったが、伝えられたのは大統領暗殺の臨時ニュースで、日本中に衝撃が走った。

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会