ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

山で迷う7人が登場 おばちゃん版『スタンド・バイ・ミー』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「7人のおばちゃん、山で迷う」

 この宣伝惹句、うまい! 絶対、見たくなる。期待は裏切られなかった。

 脚本と監督は「南極料理人」(09年)「横道世之介」(13年)の沖田修一。アイデアの勝利だろう。「おばちゃん」が主人公になる映画がそもそも少ないのに、この映画は「7人のおばちゃん」が主人公。意表を突く。しかも演じている大半がプロの俳優ではなく、オーディションで選ばれた普通の女性たち。人生一度の晴れ舞台。彼女たちのういういしさが、さわやかに伝わってくる。

 新潟の妙高あたり。秋の紅葉の季節に、地元の小さな旅行会社が、山の中の滝を見に行くツアーを企画する。温泉に一泊する。華やかな海外旅行や世界遺産めぐりに比べればマイナーな企画のためか、出発のバスに乗り込んだ参加者はたった七人。それも「おばちゃん」ばかり。なんともしょぼい。

 ここから「おばちゃん」たちの小さな冒険旅行が始まる。いわば「おばちゃん版『スタンド・バイ・ミー』」。

 バスから降りて山の中を歩き出したものの新米らしいガイド(これは男性)が下調べをしなかったらしく道に迷ってしまう。ガイドは道探しに消え、七人が取残される。山の中で迷子になってしまう。無事に帰れるか。

 七人は、主婦、美容師、リタイヤした教師などさまざま(物語の進行と共にそれとわかってくる)。年齢も四十代から七十代まで。もっとも四十代の女性がいうように「四十過ぎたら女はみんな同じ年」だから全員「おばちゃん」といっていい。ちなみに本文での「おばちゃん」は決して差別用語ではなく愛称。

 七人の人間模様が描かれてゆく。赤の他人が偶然、時と場所を同じくする。いわゆる「グランド・ホテル形式」。

 率先してリーダーになる者。サバイバルのための知恵を出す者。一方、ふてくされて文句ばかり言う女性もいる。七人七様。この人間模様が面白い。群像劇になっている。

 山の中で迷い、ついには野宿する破目に。しかし、その頃には親しくニックネームで呼び合っている。いがみ合っていた者どうしも打ち解ける。離婚した者。夫と死別した者。家庭や仕事に問題のある者。それぞれに悩みを抱えていることも分かってくる。最後は自力で滝にたどり着く。へとへとのハッピーエンド。「おばちゃん」たちに拍手を送りたくなる。

文■川本三郎

※SAPIO2014年12月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「よその人に怒られるわよ」と注意するのはダメと料理研究家
久しぶりに会ったYURI 僕にとびっきりの笑顔を見せてくれた
おばちゃんアイドルユニット 歌詞覚えられずCD発売延期した

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP