ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日銀マンの「本当の年俸」 課長級1500万円、部長級1700万円

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 派手な打ち上げ花火を上げて、失態を糊塗するのは政治の常套手段だ。黒田東彦(はるひこ)・日銀総裁による「バズーカ砲」と呼ばれた追加金融緩和で誤魔化したかったのは「アベノミクス失敗」か、「閣僚スキャンダル」か、「再増税決断」か。

 ぶっ放された砲弾が庶民生活を粉砕しようが、セレブ生活を謳歌する日銀マンには痛くも痒くもない──。

 それもそのはず。財務官僚の「天下り最高ポスト」とされる日銀総裁の年収は3422万円(2013年度までは東日本大震災の復興に協力するため首相と並んで30%減額)。

 しかも、黒田総裁は財務省退官時(最終役職は財務官)に推定5000万円以上の退職金を得た後、同省の「天下り指定席」のアジア開発銀行総裁時代には年間約47万8000ドル(在任8年間でざっと4億円)の収入を得ており、官僚時代の総収入(推定4億円)を合わせると生涯収入は推定10億円を超える。

 その一方で、日銀は一般職員の年収カーブも庶民とは全く違う。

 日銀キャリアと呼ばれる総合職の職員は30代前半の課長補佐クラス(企画役補佐)で年収1000万円を超え、課長(企画役級)以上の管理職は年俸制となって一気に年収がアップ。

 日銀の規定によると、表向きの年俸は課長クラス(企画役級)が1200万円、部長クラス(参事役級)1300万円、局長・審議役級では1450万円が上限と定められている。あまり多くないように見えるが、年俸制といいながら別にボーナス(昨年は推定月給換算2.1か月分)がしっかり支給される。

 さらに“闇のボーナス加算”もある。課長クラス(企画役級)は最大55万円、局長・審議役級になると105万円が、毎年5月と11月のボーナスに「職務手当」という名目で上乗せされる。いわば“2階建てボーナス”なのだ。この手当は管理職以外にも支給され、課長補佐(企画役補佐)なら同30万円が加算される。

 それらを合わせた役職ごとの「本当の年俸」の上限は課長クラス(企画役級)が約1500万円、部長クラス(参事役級)は約1700万円、局長・審議役級は約1900万円という計算になる。

 手当も手厚い。「住宅手当」(首都圏)は最大月5万5000円、「配偶者手当」(扶養手当)が月3万5100円、地方に単身赴任すると管理職なら最大月7万7000円の手当が付く。

※週刊ポスト2014年11月21日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
給与カットのNHK 有働アナは課長待遇で推定年収は1300万円
日銀黒田総裁 生涯収入は推定10億円を超える最高クラス待遇
ボーナス 40代課長は三菱商事480万、三井物産400万円代後半

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP