体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【誰にも教えたくない日本の隠れ家】長野県南部で絶賛されている焼肉屋がウマすぎる!長野県伊那市の八番館

IMG_4753

長野県といえば、アルプスの山々がもたらす様々な恵みに溢れる癒しのエリア。特に県南部は山深い谷に町や村が点在しており、伊那路エリアや木曽路エリアに代表される山に囲まれた自然溢れる地域だ。

そんなエリアには、わざわざ車で1時間かけてまで食べに行く価値がある、と絶賛されている焼肉屋がある。その焼肉屋の名前は「八番館」。

IMG_4733

この「八番館」、見た目は完全にロードサイドの中華料理屋。本当にこのお店が絶賛されるほど美味しい焼肉屋なのか?と疑問符がつくような店構えだが、その疑問はあとで見事に解消されることになる。

IMG_4734

メニューを見てみると特段かわった料理などは存在せず、見た目通りのロードサイドの田舎の中華料理屋といった感じだ。

IMG_4738

しかしオーダーした途端、丁寧な肉の仕込みに驚いてしまう。

まずオーダーが通ると、キッチンの奥の冷蔵庫から大きな肉のかたまりが取り出される。そしてオーナー自ら、肉のかたまりをカットし、1人前ずつ丁寧に盛りつけていく。

IMG_4736

さらに、丁寧に手切りされた肉に特製ダレを合わせて、しっかりと味付けされた状態で提供される。

冷凍の肉を使わない、オーダーされてから手切りで肉をカットする、そして味付けを施す。1つ1つ丁寧にオーダー応えるその姿そのものからも、この店が絶賛されている理由を感じる。

このお店の人気メニューは牛タンとカルビ。手切りされているからなのか、非常に厚切りな牛タンとカルビに好感が持てる。

IMG_4745 IMG_4749

その丁寧に仕事がされた厚切りの肉を目の前のバーナーで焼くのだ。網から溢れんばかりの肉の迫力に、当初の「ロードサイドの田舎の中華料理屋」という認識はどこかに吹き飛んでしまう。

IMG_4753 IMG_4762

焼き上がりの牛タンは、心地よい噛みごたえ。押し返してくる牛タンをサクサクッと噛むと、牛タンのウマミがじゅわっと溢れ出す。溢れ出る肉汁は、まるで小籠包を食べているかのような、非常に凝縮された牛タンのウマミをたたえている。

IMG_4760

そして焼き上がりのカルビは、肉肉しさ満点の味わい。カルビのもつ脂身のウマミと赤身肉が本来持つウマミ、2つのウマミを力強く感じる事が出来る。さらにこの2つのウマミに少し辛目の味付けで仕上げられた特製のタレが香ばしく焼き上がったカルビと絶妙なハーモニーを奏でてくれる。

IMG_4765
1 2次のページ
生活・趣味
GOTRIP!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。