ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung Gear S、韓国で発売初日に1万台売れる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung の音声通話も可能な Tizen ベースのスマートウォッチ「Gear S」が韓国で発売初日に 10,000 台売れたとオランダの調査会社 Telecom Paper が伝えました。Gear S は 2 インチの湾曲した AMOLED ディスプレイを搭載しており、SIM カードを装着することでスマートフォンがなくても音声通話やデータ通信を行うことができます。また、キーボードや音声による文字入力をサポートするほか、Wi-Fi や GPS、心拍センサー、UV センサーなども内蔵するなど既存のスマートウォッチ製品の中でもダントツの機能を備えています。そんなハイスペックな Gear S は韓国では現地キャリアの SK テレコムと KT を通て今月 5 日に発売されました。価格は 297,000 ウォン(約 31,300 円)です。既存のスマートウォッチの中では高いと言えますが、スマートデバイスの中では安い方です。スマートウォッチの出荷台数は今のところ四半期ベースで数十万台規模なので、韓国だけで 1 日 1 万台とはよく売れた方ではないかと思います。Source : Telecompaper


(juggly.cn)記事関連リンク
CyanogenModにPIN認証時にキー配列をランダムに変更する「スクランブルレイアウト」オプションが追加
HTC One(M8)のブルーがようやく発売
Google Playギフトカードが韓国で正式に発売、5種類ラインアップ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。