体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

DOG inThePWO、2015年2月に3rdアルバム『パラドッグス』発売&初のホールツアー決定

DOG inTheパラレルワールドオーケストラが11月9日、舞浜アンフィシアターでワンマンライヴを開催した。

11月9日(日) @舞浜アンフィシアター (okmusic UP's)

8ヶ月ぶりのワンマンとなるこの日の狙いは“Tokyo Doggy’s Land”というライヴタイトルが示す通り、本家・夢の国のお膝元にあるホールで一夜限りの“DOG流・夢の国”を創り上げること。

ステージバック一面の大スクリーンに5年間で発表してきたMVが流れると、5人が半円形の舞台にせり上がって、今日の日のため10月に発売されたシングルの表題曲「エレクトリックパレード」からライヴがスタート。「Fun!Fun!Tomorrow!!」では“くるくる”という歌詞に合わせてメンバーが立つステージが回転したり、大きなバルーンが客席を舞ったり、スモークが噴き上がったりと、多彩な仕掛けを交えながらハッピーでポジティブな楽曲を繰り出してゆく。

一転、切なさと哀しみを全開にした「Rainy rain」に続いては、春(Vo)が創作した物語をスクリーンで上映。ひとりぼっちだった子犬が家族の一員に迎え入れられる温かな結末から、「ちいさなこのせかい」へと繋げて歌う“ぼくらは もう一人きりじゃない”というメッセージを印象づける。

MCの途中には準々が入った箱にメンバーが刀を突き差すイリュージョンも。そのまま「地獄のDOGファイヤー!!!~あ、めっちゃパラダイス☆~」へと雪崩れ込み、曲中、棺桶がせり上がって中から包帯(に見せたトイレットパーパー)でグルグル巻きになった準々……ならぬ魔界倶楽部のボーカリスト・ジグル様が飛び出すという演出も秀逸だった。

感動と爆笑をない交ぜにして3拍子の「Bon Voyage」で本編を優しく、寂しく締め括ると、2015年のスケジュールを映像で大発表。その内容は、来年2月18日の3rdアルバム『パラドッグス』リリース、2月28日・新宿ReNYでの主催イベント開催、ライヴが4月29日にDVD化、そして3~4月の初のホールツアーと盛りだくさんだ。ツアーファイナルは4月18・19日のよみうりランド・日テレらんらんホールで、18日には恒例の野外イベント『青空かくれんぼ』も同時開催されるという。3年ぶりのアルバムタイトルは“矛盾”を意味する英単語“PARADOX”を由来とするものだけに、また新たなDOGが見られそうだ。

アンコールの「SUNRIZE SMILE~笑顔ってばピッカピカ~」では、客席通路を歩きながら5人全員がマイクを握って歌うシーンも。オーディエンスと、そしてメンバー同士で笑顔を交し合う姿は実に微笑ましく、まさしく夢の国でなくては味わえない“最高で最幸”の心地にさせてくれた。何があろうとも前を向いて歩き続ける――。その決意を強く刻み込んで、DOGの新たなるパレードは、止まることなく続いてゆく。

photo by 岡本麻衣(ODD JOB)

アルバム『パラドッグス』
2015年2月18日発売
【初回盤A】
RSCD-170/171(CD+DVD)
¥3,800(税抜価格)+税
【初回盤B】
RSCD-172/173(CD+DVD)
¥3,800(税抜価格)+税
【通常盤】
RSCD-174(CD)
¥3,000(税抜価格)+税

DVD 『Tokyo Doggy’s Land -2014-』
2015年4月29日発売
詳細は後日発表

『青空かくれんぼ~キミとボクと夢の貸し切り!?パラダイス編~』
4月18日(土) よみうりランド
詳細は後日発表

DOG inTheパラレルワールドオーケストラ主催イベント『乱!!犬小屋』
2月28日(土) 新宿ReNY
開場16:30 /開演 17:00
チケット 4,500円(D代 別)
出演:DOG inTheパラレルワールドオーケストラ/氷男-ko_riotoko-/魔 会倶楽部/ミズキぃ!?バ ンド/仔羊/緩菜と愉 快な仲間達

“パラドッグス”ツアー第一弾 ホールツアー『春のワンワン大行進』
『ワンワン大行進 in SENDAI』
3月22日(日) 日立システムズホール・シアターホール
開場16:30 /開演 17:00
(問)GIP 022-222-9999

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。