ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コヴィア、準天頂衛星 “みちびき”にも対応した4インチ小型スマートフォン「FLEAZ F4s(CP-F40s)」を発表、12月10日に9,900円+税で発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

コヴィアは 11 月 11 日、4 インチディスプレイの小型 Android スマートフォン「FLEAZ F4s(CP-F40s)」を正式に発表しました。直販価格は 9,900 円+税で、12 月 10 日に発売されます。FLEAZ F4s は、4 インチ 800 × 480 ピクセルの IPS 液晶ディスプレイや 1.2GHz クッドコアプロセッサを搭載した小型エントリーモデル。OS は Android 4.4 (KitKat)を搭載しています。この機種の特徴は携帯性に優れるところ、1 万円前後の安さ、さらに、準天頂衛星システム「みちびき」(QZSS)にも対応するところです。みちびきには今後リリースされるアプリをインストールすることで利用可能になるとされています。この機種も SIM ロックフリーで技適マーク付き。また、SIM カードを 2 枚(標準 SIM + Micro SIM)挿せるデュアル SIM 端末になります。対応周波数は GSM 850 / 900 / 1800 / 1900MHz、WCDMA 800 / 2100MHz。FOMA プラスエリア対応です。他の主要スペックは、512MB RAM、4GB ROM(Micro SD カード対応)、背面に 200 万画素カメラ、前面に 30 万画素カメラ、1,350mah バッテリーを搭載。ワイヤレス通信機能は Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0、A-GPS などに対応。筐体サイズは 124 × 64.5 × 9.2mm、質量は 106g 。Source : コヴィア


(juggly.cn)記事関連リンク
プーチン大統領が習 中国国家主席に自国メーカーの「YotaPhone 2」をプレゼント
プラスワンマーケティング、音声・データ通信 SIMカード「freetel mobile」を11月13日に発売
Android版Chrome v39はAndroid 5.0(Lollipop)でタブカラーのカスタマイズをサポート

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP