ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

赤い公園が立川市に赤いベンチを寄贈、ご当地ゆるキャラ「くるりん」の絵かき歌を書き下ろし

DATE:
  • ガジェット通信を≫

赤い公園が立川市に赤いベンチを寄贈、11月9日にお披露目となった。

これは、「立川市メジャーデビュー計画」と銘打って、J-WAVE、立川市と共に赤い公園が立ち上げた地元恩返しプロジェクトで、J−CROUD MUSICのクラウドファンディングを通じて支援を募り、見事目標金額を達成し、実現したものである。

立川市から「こども未来センター前広場」を通称『赤い公園』として提供頂き、そこに新たなるランドマークとなる最初のモニュメントとして、赤いベンチが設置された。

赤いベンチがお披露目された後は、立川市のプロモーションビデオ撮影が行われた。立川市のバスのキャラクターでもある、ご当地ゆるキャラの「くるりん」を紹介する『くるりん絵かき歌』を赤い公園が書き下ろし、その楽曲を使用してプロモーションビデオを作成するというもの。赤い公園メンバーに加え、クラウドファンディングの支援者、約70名がエキストラとして参加。メンバーが合間で繰り広げるショートコントに笑いが溢れる等、くるりんや赤いベンチを囲みながら和やかな雰囲気の中、撮影は進んでいった。

この日の締めくくりに、赤い公園は立川市のお祭り「たちかわ楽市2014」のステージに登場し、フリーライブを敢行。途中、くるりんをステージに呼び込み、完成したばかりの「くるりん絵かき歌」を紹介する一幕もあり、老若男女、約1000人が赤い公園のライブを楽しんだ。最後の曲「ふやける」では、厚い雲間からうっすら夕日が差し込み、美しくライブを締めくくった。

立川市のプロモーションビデオは12月に完成する予定。

関連リンク

赤い公園 オフィシャルサイトhttp://akaiko-en.com
赤い公園「猛烈リトミック」特設ページhttp://akaiko-en.com/tyct69023

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP