ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDI、Galaxy S 5 SCL23のソフトウェアアップデートを開始、カメラフリーズ問題や伝言メモ再生中のボリューム操作不可問題に対処

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KDDI は 11 月 11 日、Samsung 製 Android スマートフォン「Galaxy S 5 SCL23」のソフトウェアアップデートを開始しました。今回のアップデートは Android 4.4 における不具合解消を目的としたものです。発表によると、SCL23 の標準カメラを利用しているとフリーズする現象や、「伝言メモ」の録音メッセージを再生している間にボリュームボタンで音量を変更できないといった問題が改善されます。SCL23 の更新ファイルは端末単体でダウンロードでき、設定メニューを表示後、「端末情報」→「ソフトウェア更新」→「今すぐ更新」の順にタップしていくと手動でアップデートを確認できます。アップデートにかかる時間は 7 分 ~ 10 分で、アップデート後のベースバンドファームのビルド番号は「SCL23KDU1BNJ1」となっています。Source : KDDI


(juggly.cn)記事関連リンク
Instagram、Androidアプリに説明の編集機能を追加、「発見」セクションもリニューアル
米国のGoogle Playストアで「SmartWatch 3 SWR50」が発売開始
Android Wearスマートウォッチで初代PSゲームをプレイする映像

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP