ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

誰でもいますぐ色っぽく変身♡「かきあげ前髪」を上手につくろう

DATE:
  • ガジェット通信を≫


いま、女の子のあいだで「かきあげ前髪」が話題。中村アンさんのような、前髪を手グシでバサっとかきあげたナチュラルなスタイルが大人気なんです。

#andGIRL
Anne Nakamuraさん(@cocoannne)が投稿した写真 – 10月 10, 2014 at 10:44午後 PDT

自然体なのに色っぽいこの感じ、たしかにマネしたくなっちゃいます。しかもこれ、髪を切ったりしなくてもできるイメチェンなので、いますぐにでも変身可能
それではさっそく、かきあげ前髪にチャレンジです。

こなれ感のヒケツは、多めにかきあげること

つくり方は、ドライヤーでかきあげたい方(立ち上がりをつけたい方)とは逆の方向に向かって乾かしたあと、手グシで逆サイドにもってくるか、アイロンで根元をしっかり内巻きにするかの2通り。
私がトライしてわかったのは、前髪(生え際部分)だけじゃなく、つむじ手前くらいから大胆にかきあげると、かっこよく仕上がるようです。

ガンミの収録して これから ” J-WAVE HELLO WORLD!” 生放送に出ます☺︎楽しみだな~✌︎
Anne Nakamuraさん(@cocoannne)が投稿した写真 – 10月 10, 2014 at 6:18午前 PDT

アンさん自身も、わりと奥の方の髪までガシっとかきあげています。生え際だけを立ち上げると、ちょっと古臭い印象になるので注意。

かきあげ前髪に役立つ裏ワザ


メイク中は髪がじゃまになるので、ピンやダッカールなどで押さえることも多いですよね。
でもここでピタっと押さえてしまうと、その後いくらブローしてもふんわりしたかきあげ前髪は作れません。
画像のように、ふんわり感をキープしながらピンで押さえておくのがよさそう。また、痕のつかないピンを使用するのも大事です。
せっかく作ったかきあげのふんわり感を長時間保たせるためには、かきあげた髪の根元にハード系のスプレーをふきかけ、手でグシャっとにぎるようにクセづけするのがおすすめ。
右側にかきあげるか左側にかきあげるかでも印象が変わります。
例えば両目の大きさが違うといった場合は、小さい方の目を隠す形で前髪をかきあげてアンバランス感を減少させるなど、コンプレックスをうまくカバーする効果もアリ。
かきあげ前髪って、女の子にとってかなり好都合なんです!
brunette image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
ヘアアイロンが無くても平気。ドライヤーだけで作る「ゆるふわカール」
たった100円のコームで、憧れの美容院ブローに近づく
パーティで出会いをゲット♡ バッグに入れておきたい3つのコスメ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP