ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ICT

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ICTとは、Information and Communication Technologyの略。日本語に直訳すると「情報通信技術」。

1990年代後半から2000年代初頭のインターネット普及に合わせて、IT(Information Technology、情報技術)という言葉が流通するようになった。ただ、情報を伝えるためには通信(Communication)の存在が不可欠であり、欧米各国や国際機関がICTをITに代わる言葉として使うようになった。これを受け、日本の総務省も2004年に「IT政策大綱」を「ICT政策大綱」に変更。次第に、ICTという単語が浸透してきた。

総務省のオフィシャルサイトに設けられた「情報通信(ICT政策)」のページを確認すると、その言葉が示す範囲はとても広いことを実感できる。インターネットプロトコルの新たな規格であるIPv6の導入など、コンピューターやインターネットに関する事柄はもちろん、電波の周波数割り当てや放送なども、ICT政策の内容として挙げられている。

日本国内は、公衆無線LANの普及が未だ不十分であり、こうした点の改善が今後の課題となりそうだ。また、スマートシティ・スマートグリッドのような地域・エネルギーに関する分野でのICT活用が期待されるほか、政府は「ASEANスマートネットワーク構想」に参加し、アジア各国のICT普及に協力している。

関連記事リンク(外部サイト)

タブレットで計算ドリル、クラス内SNSも活用 KDDIと福岡市が推進する「次世代型教育」とは
ハッカソン
シリコンバレー

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP