ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

炊き込みご飯、パスタにも!? 鍋の素で作る激ウマレシピ3連発

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

冬が近づくとスーパーなどで、見かける鍋の素。この鍋の素が、鍋以外の料理にも活用できるとのうわさを聞きつけた。

パスタ、炊き込みごはん、アレンジ次第で何でも作れる?

パスタ、炊き込みごはん、アレンジ次第で何でも作れる?

鍋の素は、肉や魚介、野菜のうま味がギュッと詰まっているので、スープや煮物、ご飯ものまで幅広い料理に使えるらしい。そこで、味の素が発売している「鍋キューブ」を使ったレシピを実際に作ってみることにした。トマトと卵のとろっとキムチスープ

【材料(2人分)】

img_01

・トマト…1個(150グラム)
・卵…2個
・長ネギ…1/2本
・水…2カップ(400ml)
・鍋キューブ ピリ辛キムチ…2個
・片栗粉…大さじ1

【作り方】
1.トマトを2センチ角に切り、ネギは斜め薄切りにする。卵をよく溶きほぐしておこう
2.鍋に水と「鍋キューブ ピリ辛キムチ」を入れて火にかける。沸騰したら先ほどのトマトとネギを加えて軽く煮込む
3.水溶き片栗粉を加えてとろみをつけて、溶き卵を全体に流し入れたら完成だ

img_02

手軽に野菜が摂れるスープができた。トマトの酸味とキムチの相性がバツグン! 体が芯まで温まるので、これからの季節にピッタリだ。ヘルシーなので夜食にも◎。エスニックチキンライス

【材料(2人分)】

img_03

・米…2合
・水…適量
・鶏もも肉…1/2枚(150グラム)
・玉ネギ…1/2個(100グラム)
・むきえび…80グラム
・塩…小さじ1/2
・鍋キューブ 濃厚白湯…2個
・粗びき黒こしょう…お好み
・パクチー…お好み

【作り方】
1.米を研いで、30分以上、水につけたらざるに上げる
2.鶏肉は2センチ角、玉ネギは1センチ角に切る。エビは茹でてから、1センチ幅に切ろう
3.炊飯器に米と塩を入れて2合目の目盛りまで水を注ぐ
4.さらに鶏肉と玉ネギを加えて、「鍋キューブ 濃厚白湯」を砕いて入れる
5.炊き上がったら茹でたエビを加えて、よく混ぜ合わせる
6.器に盛って、お好みで粗びき黒こしょうをふり、パクチーを乗せれば完成だ

img_04

鍋の素で炊き込みごはん、という驚きのレシピ。だしがごはんにしっかり染み込んでおり、パクチーをかければ鍋の素で作ったとは思えない本格的なエスニック料理が楽しめる。豆乳スープパスタ

【材料(2人分)】

img_05

・スパゲッティ…100グラム
・キャベツ…200グラム
・ベーコン…40グラム
・牛乳…200ml
・水…50ml
・鍋キューブ まろやか豆乳鍋…1個
・サラダ油…小さじ1
・黒こしょう…少々

【作り方】
1.キャベツはザク切り、ベーコンは5ミリ幅に切る
2.スパゲッティはたっぷりのお湯で表示時間より1分短く茹で、ざるに上げて水気を切る
3.鍋にサラダ油を引いて、キャベツとベーコンを炒める。キャベツがしんなりとしたら牛乳と水を加え、「鍋キューブ まろやか豆乳鍋」を砕いて加える
4.沸騰したらざるに上げたスパゲッティを加えてひと煮立ちさえる
5.器に盛って、黒こしょうをかけたらできあがり!

img_06

吹きこぼれやすい豆乳レシピも手軽に作ることができる。スープまで飲み干せる、豆乳のやさしい味がおいしいクリーミーなスープパスタだ。

鍋の素は今回使用した味のほかにもあるので、アレンジが効きそう。これさえあれば、苦手な味付けも心配いらずの頼れる存在だ。ちょっぴり料理が苦手なあなた、鍋の素でいろいろな料理に挑戦してみては?

(田村里佳+ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。