ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

田中康夫氏 「携帯電話やメールの登場で考える葦が退化した」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1980年に文藝賞を受賞、翌年1月に出版され大ベストセラーになった、作家・田中康夫氏の『なんとなく、クリスタル』。33年経った今年11月末、続編が発売される。その名も『33年後の、なんとなくクリスタル』。

≪当時は全国津々浦々で真っ当に働き・学び・暮らす老いも若きも、それぞれに夢や希望をいだいていたのだ。パステルカラーに彩られた“一億総中流社会ニッポン”の一員として≫…同書にはこんな一節がある。

「昔はカフェならぬ喫茶店でも、電話を取り次いでくれる所を待ち合わせ場所に選んだ。ハチ公前で待ち合わせした相手が遅れると、交通事故にでも遭ったんじゃないかと気をもんだもの。携帯電話やメールの登場でそんな心配はなくなった。でも、逆にその分、相手の気持ちや状況を想像する“考える葦”が退化しちゃったかも」と田中氏は言う。

 音楽も同じ。かつて彼女や彼の部屋で、ドライブする車の中で、恋人たちが親密さを増すのに一役かっていた音楽は、いまやスマホにダウンロードしてイヤフォンで聴くものになって、人との関係を遮断している。

「会話を楽しむための触媒としての音楽が、逆にコミュニケーションを断ち切る装置になってしまい、ネット上でも一方通行の言いっ放しばかり。便利になったはずなのに殺伐としてしまった。だからこそ、人の顔が見える、体温を感じられる社会のあり方を、みなが問い直しているのだと思います」(田中氏)

※女性セブン2014年11月20日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
田中康夫『なんクリ』に合計特殊出生率と高齢化率掲載の真意
小説家復帰の田中康夫氏 「妻と愛犬ロッタに癒やされる日々」
オールナイトニッポンの誕生秘話と全盛期エピソードが本に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP