ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

J1昇格の松本山雅FC 当面課題は「勝つこと」と「収入確保」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1965年、長野県・松本市内にあった喫茶店の常連客らが集まって作ったサッカークラブが、ついに悲願達成。「松本山雅FC」がJ1へ昇格した。

 日韓W杯の日本代表としてベスト16進出に貢献し、2011年に急性心筋梗塞で亡くなった松田直樹氏が所属していたチームでもある。長野県のサッカー熱も高まっており、昇格を決めた試合は市の体育館でパブリックビューイングが開催され、躍進に県民が沸いた。

 かつて北信越リーグ所属時代はサポーターが2人だけの試合もあったというが、2010年にJFL、2012年にJ2と昇格を続けるにつれてファンが増えていった。現在ホームの観客数は平均1万2000人強でJ2トップ。J2平均のほぼ2倍だ。

 人気はJ1昇格によって増す可能性が高い。かつて大分トリニータGMとして、J2からJ1への昇格を経験した溝畑宏氏がいう。

「J1とJ2ではすべてが違う。注目度も環境も大幅に変わる。ファンクラブの会員も、観戦に来てくれるサポーターも急増しました」

 収益も大幅に変わる。クラブチームの主な収入はスポンサーからの広告料、入場料、リーグ分配金の3本柱だが、J2球団の平均営業収入が約10億円であるのに対して、J1は約30億円に跳ね上がるという。

 だが浮かれてばかりはいられない。松本山雅は大分と同様に「親会社を持たない」、「地方のチーム」であるというハンディを持つ。

「愕然とするほどレベルが違う」(溝畑氏)というJ1でタイトルを狙えるようなチームを作るには、補強でカネがかかる。親会社を持たない市民クラブはそもそも資金面で不利なうえ、地方は企業が少なくスポンサー集めも難しい。大分も同じ悩みを抱え、債務超過に苦しんだ過去がある。

「Jのクラブにとって、費用の問題は最も頭が痛い。観客収入だけでは限界があり、広告収入を増やさないとやっていけない。ただ地方は景気が冷え切っているうえ、クラブチームが各地に誕生したので、スポンサー探しはさらに難しくなっている」(溝畑氏)

 松本山雅の当面の課題は、「勝つこと」と「収入の確保」の両立になりそうだ。

 松本山雅を率いるのは、2004年にはアルビレックス新潟、2010年には湘南ベルマーレをJ1昇格へ導き、北京五輪日本代表監督の経歴も持つ反町康治監督。溝畑氏は個人的な思い入れがある。

「僕が大分時代、新潟の監督として昇格を競い合った戦友。頑張ってほしいです」

 Jの新たな成功例を作れるか。

※週刊ポスト2014年11月21日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
市川海老蔵、梅宮辰夫ら ブログやパチンコで稼ぐ芸能人たち
崇教真光 工事費300億円をかけて1984年完成の世界総本山
胸を揺らしながら洗濯板で下着をゴシゴシ洗う91cmGカップ美女 

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP