ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

都心部で手軽に鶏肉の刺身を味わえる店 / 渋谷森本

DATE:
  • ガジェット通信を≫

砂肝刺し
838円

飲食店が衛生的に気を使うのは当然だが、よりいっそう食材に注意を払っている店でしか「鶏刺し」(鶏肉の刺身)は食べることができない。

ささみを串に刺し、炭火で軽く炙った焼き鳥も美味。

しかし、ほぼ生のまま、醤油、柑橘類、山葵などで引き締めた味が楽しめる鶏刺しこそ「鶏本来の味が楽しめる」という人もいる。

東京・渋谷のど真ん中にある焼き鳥居酒屋『渋谷森本』は、焼き鳥が美味しい店として活気のある店だ。

午後5時をすぎると、多くのサラリーマンやOLが焼き鳥を堪能しつつ酒を味わっている。

この店では、鶏刺しのなかでも砂肝刺しの食感がよいと評判。

コリコリとした生だからこその食感は、焼いた砂肝では体験できないバイブレーション。けっして生特有の臭さがなく、あっさりとした旨味だけが残る。

レバ刺しの、トロ~リとしてとろけるように広がる旨味も素晴らしい。

ただし、どんなに気をつけても生の肉を食べる行為はリスクが伴う。そのあたり、念頭に置いておく必要があるのは言うまでもない。

絶品な鶏刺しが食べられる店は、東京都内にいくつかある。

しかし、都心部で手軽に鶏刺しを食べたいなら、『渋谷森本』という選択肢があってもいいだろう。

暖簾をくぐって「鶏刺しと酒!」と言えば、数分後には目の前にご馳走が並ぶのだ。

この記事の主審は鶏刺しの盛り合わせ。そういう注文の仕方もできる。

店名: 渋谷森本
住所: 東京都渋谷区道玄坂2-7-4
営業: 17:00~23:00 土16:30~23:00
休日: 日祝

記事: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/
Via: 渋谷森本

東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP