ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「株式会社はてな」のランチはシェフと社員の方のぬくもりで出来ていた

DATE:
  • ガジェット通信を≫


東京・南青山にある『はてなブックマーク』や『はてなブログ』の運営元として超有名なインターネットサービスの会社といえば、「株式会社はてな」。

そこには、株式会社はてなのために働く人達の福利厚生として、「まかないランチ」と呼ばれる社食が存在する。

「まかないランチ」の献立は栄養のバランスが考えられた一汁二菜。一汁二菜とはご飯に汁もの、おかず2種で構成された献立。ご飯でエネルギー源となる炭水化物を、汁もので水分を、おかずでその他の栄養をバランスよくとることができるという、ヘルシーなスタイルなのだ。

「まかないランチ」で出される料理は、その基本にのっとり、しっかりと栄養バランスを二人のシェフが交互に考え、日替わりで異なる料理が作られる。だから「まかないランチ」は毎日楽しみにできるし、おいしいランチなのだ。

さらに、「まかないランチ」の食材は毎日シェフが購入し、新鮮な食材を当日に調理しているとのこと。まさにシェフの暖かい気持ちがこもったランチなのだ。

そしてさらに、今回お伺いしたタイミングでは、社員の方のご実家から送られたカボスがランチに添えられていた。ご実家で大切に育てられたカボスに合わせてシェフによって作られた、「さんまのコンフィと揚げ大根」は社員の方とシェフの方のぬくもりを感じられる味わいだった。

オフィスの窓からは、東武鉄道の社長などを務めた実業家で茶人の根津嘉一郎のコレクションを展示した有名な根津美術館の素晴らしい庭園風景を眺める事ができる。

四季折々の素晴らしい庭園風景と、シェフや社員の方のぬくもりを感じられる最高のランチ。こんなにも素晴らしい環境ならば、仕事も頑張りたくなるもの。こういう部分のフォローが、会社が働く人達から愛される理由なのかもしれない。

Post: GoTrip! 旅に行きたくなるメディア



カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP