体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「TOPKAPI」×「ditto」の「アートを装う」新プロジェクト。VACANTにて販売&受注会開催。

メインビジュアル

女性の魅力を引き出すアイテムを提案するファッションブランド「TOPKAPI」と、アートと生活の新しい関係を模索する「ditto」が協同し、新プロジェクト「MIRROR」をスタート。このたび販売されるスカーフとバッグは、アートとファッションの新たな関係を見出す特別なアイテムとして仕上がる。中でもスカーフは高品質なインクジェットプリントにてパターンが施され、布地もシルク100%仕様。パターンの提供に参加したアーティストはEd TSUWAKI(イラストレーター、画家)、ラップユニット「ハルカリ」のHALCA(ミュージシャン)をはじめ、小澤雅志(画家)、saji MIHO(カメラマン、フードデザイナー)、プランティカ(華道家)など、ジャンルを超えた人物が勢ぞろい。絵柄のパターンは全18種類。

そして、「MIRROR」立ち上げ記念イベントが原宿のギャラリースペースVACANTで開催。アイテムの展示販売がおこなわれる予定だ。少しでも気になった方は、開催期間が2日間のみなので行き忘れのないように!とっておきのパターンを会場で見つけよう。

AM_01 AM_02 AM_03 Ed HALCA_A HALCA_B hey_kew kodama
1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。