ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

OPPOが初の64bitスマートフォン「OPPO 1105」を中国で発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

中国メーカ OPPO が 11 月 6 日に同社初の 64bit プロセッサ搭載スマートフォン「Oppo 1105」を中国で発売しました。OPPO 1105 は、4.5 インチ 854 × 480 ピクセルの液晶ディスプレイや Snapdragon 410 1.2GHz クアッドコアプロセッサ(MSM8916)を搭載したデュアル SIM スマートフォン。GSM / CDMA200 / TD-LTEに対応した中国電信向けの機種で、スペック的にはエントリーレベル。現地では 1,299 元(約 24,200 円)で販売されています。OPPO 1105 の搭載 OS は Android 4.4 ベースの Color OS 2.0。本来には IR ブラスタが内蔵されており、赤外線ベースの家電をリモコン操作できます。このほか、1GB RAM、16GB ROM、背面に 500万 画素カメラ、前面に 200 万画素カメラ、1800mAh バッテリーなどを搭載しています。Source : ccidnet


(juggly.cn)記事関連リンク
小米科技(Xiaomi)、LTE対応の「Redmi Note 増強版」を11月18日に香港で発売
ASUS Japan、「ASUS Pad TF701T」のAndroid 4.4アップデートを開始
Koush氏が画面ミラーリング&動画キャプチャーアプリ「Mirror」のベータ版をリリース、Material Design化、Android 5.0ではroot権不要で利用可能

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。