ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

神戸龍谷中教員のFB炎上騒動、学校側が謝罪を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 神戸龍谷中学校高等学校(兵庫県)の教員が、今年7月に中学1年生の臨海合宿で行った「指導」の様子を個人のFacebookに生徒の写真付きで投稿していた問題で、同校は11月10日、公式ホームページ上に謝罪を掲載した。

【関連:SNS乗っ取り、ブラック企業、ネット炎上……『人生ゲーム』新作が世知辛い】

■問題の投稿

 問題の投稿があったのは7月19日。教員の個人用Facebookアカウントに投稿された。

 「臨海合宿指導係です。」という一文から始まり、臨海合宿で生徒に対し行った「指導」の内容がことこまかに紹介されていた。

以下がその内容。

バスの中でセクシャル発言し、皆から顰蹙(ひんしゅく)→バス内での発言禁止
部屋の中で、ペットボトルでサッカー→教師部屋で30分正座
押し入れの中で暴れていた→ロビーにあった幼児コーナーで30分遊ばせる
他の生徒のデザートを取って食べる→翌日のデザート取り上げ
同室生徒が寝ようとするのを邪魔する→部屋の外で1時間立たせる
いつまでも寝ずにしゃべり続ける→11時30分から12時まで立たせる
室内オリンピックで、他の生徒をからかう→罰ゲームとして踊らせる
班行動を無視して、仲の良い生徒と勝手な行動→解散時に親の前で泣かせた

なお、投稿には畳の上に正座する生徒2名の写真が顔にモザイクが入った状態で添付されていた。

 また投稿のコメント欄では他の人からのコメントに対し、

「中学生が幼児コーナーで遊ぶ。思い切り恥ずかしい思いをさせてやりました。モジモジして、遊ぶことができませんでした。前を通る人達に、ジロジロと見られていました。」

と、させた意図について詳しく説明している。

■約5カ月間後に問題発覚

 投稿から約5カ月後の11月8日。Twitterユーザーにこの投稿は発見された。それまでの間、この投稿は一般からも閲覧できる状態になっていたようである。

 発見した人物は、問題を公にする目的で投稿画面を撮影してTwitterに投稿。そして、Facebookにも行為を避難するコメント、削除及び保護者に対する謝罪を求めるコメントを投稿している。するとしばらくして、この教員から謝罪の言葉及び、投稿を削除したという報告がFacebookに掲載されたが、後に教員はFacebookアカウント自体を削除している。

 Twitterに投稿されたことで、問題は一気に拡散。11月10日10時時点で約5千回RTされるほど注目を集めていた。

■学校側が謝罪を発表

 11月10日昼頃、新聞はじめ報道各社がこの問題を報道したのと同じころ、神戸龍谷中学校高等学校の公式ホームページ上に謝罪が掲載され、Facebookに投稿された問題の投稿は、同校教員のものであると認める内容が書かれていた。

 また生徒に対しては中学、高校ともに説明と謝罪を行い、11月11日には緊急保護者会を行うという。そして今後については、「第三者委員会を設置し、客観的に検証していく所存です。」としている。

■約5カ月誰も指摘しなかったのか?その間「いいね」した人23人

 全員が全員この教員の関係者ではないかもしれないが、この投稿には23人もの人が「いいね」を押していたようである。そして気になるのが、教員のFacebookのフレンドには同じ学校の教員や、職員、そして教育関係者はいなかったのか?という点。

 約5カ月もこの投稿を誰も問題視しなかった点には、まだ問題が潜んでいるように思われる。

 なお、ネットではこの問題について「指導ではなく制裁」「神戸龍谷の教師ひでえ」「FBにいいねしてる人の多さよ」「生徒を辱める罰を与えてドヤ顔って」「指導内容も問題あり」といった声があがっていた。

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP