ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

樹齢300年以上! アメリカ・ニューオリンズの絶景なる『オークアレイプランテーションハウス』が幻想的

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界でもっともエンターテインメントの国といえば、アメリカですよね。映画、ミュージカル、グルメ、あらゆる魅力が「これでもか!」というくらいギツシリと詰まった国がアメリカです。

でも、自然が織り成す素晴らしい大自然と人間の調和から生まれた、幻想的な場所がニューオリンズにあるのをご存知ですか?

それこそが『オークアレイプランテーションハウス』(Oak Alley Plantation)です。

旅行サイト『トリップアドバイザー』でも人気の観光スポットとして掲載されており、たくさんの人たちが『オークアレイプランテーションハウス』を訪れた思い出と写真を掲載しています。

実はここ、樹齢300年以上ともいわれているオークの木がたくさんあり、並木道のように美しく立ち並んでいるのです。

それはまさに、魔法の幻想的な世界。いまにもオークの木が動き出し、私たちに話しかけてきそう。

ニューオリンズはジャズ発祥の地として世界中に知られている、音楽の聖地です。しかも、美味しい伝統料理が豊富にあるアメリカ有数のグルメな地でもあります。

ケイジャン料理のお店が多く、私たち日本人が知っているジャンバラヤもケイジャン料理のひとつです。

『オークアレイプランテーションハウス』で癒やされつつ、ケイジャン料理とジャズを堪能する。

ゆったりと幸せな時間を過ごせる街、それがニューオリンズなのかもしれません。

記事: PHOTRIP(フォトリップ)http://photrip-guide.com/
Via: トリップアドバイザー / ニューオリンズ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP