ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

結成20周年のBACK DROP BOMB、下北沢シェルター・ワンマンで圧巻のステージを披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

11月9日の日曜日、今年結成20周年を迎えるBACK DROP BOMB(以下BDB)のワンマンライブが下北沢シェルターで行われた。

そもそもBACK DROP BOMBが結成して初めての「レコ発」を行ったのがここ、シェルターだったということもあり、20周年イヤーの目玉の一つとして企画された模様。

小雨がパラつくあいにくの天気で、しかもこの日のチケットは当然即日完売だったため、当日券は発売されないにも関わらず、オ-プン前からライブハウスの周りには多くの人だかりがみられた。

当日会場にて、12月17日にリリースされる20周年イヤーを記念したニューアルバム「Loftinaction」の会場予約も行われたため、ニューアルバムの予約に駆けつけたファンも多くいたようだ。

ライブはこの会場にしてファン涙もののセットリストが披露され、1曲目からBDBのライブの中でも最も盛り上がる曲の中の1曲である「BAD NEWS COME」からスタートし、曲のイントロが流れ出すと同時にフロアから大歓声が沸き起こり、1曲目からライブハウス全体が揺れるかのような激しいモッシュの嵐となった模様。

さらに後半にはMARTIN-KINOOやNARI(Sax),TGMX(Trumpet)、AKIRATT(Trombone)のSCAFULL KINGホーン隊が参加するなど下北沢シェルターのステージ上に最大10人のメンバー(!)が登場するという、演奏力、パファーマンス力もさることながらその「物量」においても圧巻のステージとなった。

アンコールでは12月17日にリリースされるニューアルバムからの新曲「EVEN」もいち早く披露され、会場にいたファンのニューアルバムへの期待感はさらに高いものとなった。

既にニューアルバムを引っさげたツアーも決定しており、BDBの20周年イヤーはまだまだ盛り上がりを見せていきそうだ。

関連リンク

BACK DROP BOMB OFFICIAL SITEhttp://backdropbomb.jp/
BACK DROP BOMB 20周年特設サイトhttp://bdb20th.com/
BACK DROP BOMB OFFICIAL FACEBOOKhttps://www.facebook.com/backdropbomb
BACK DROP BOMB OFFICIAL Twitterhttps://twitter.com/BDB_JP

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP