ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

水野良樹(いきものがかり)、kz(livetune)、柴那典、宇野常寛によるトーク「ポスト『J-POP』の時代」が電子書籍化

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
水野良樹(いきものがかり)、kz(livetune)、柴那典、宇野常寛によるトーク「ポスト『J-POP』の時代」が電子書籍化

水野良樹(いきものがかり)、kz(livetune)、柴那典、宇野常寛の4人をパネリストとして開催されたトークイベント「ポスト『J-POP』の時代——激変する音楽地図とクリエイションのゆくえ」の内容をテキスト化した電子書籍が、8日に発売された。

今年4月28日に開催された4人による同イベントは、開催後にもネット上で反響を呼び、内容を全て知りたいという声が多く寄せられた。それを受け、今回4人による加筆・修正が改めて加えられ、宇野常寛が主宰するPLANETSより電子書籍としてリリースされる運びとなった(Amazon Kindleストアでの発売)。

同書では、「インターネット以降、レコードビジネスの衰退と、動画共有サイトなどの発達によって音楽産業が岐路に立たされている」状況において、アーティスト、音楽ジャーナリスト、評論家として現在の音楽シーンおよびメディアの最前線で活躍する4人が「日本のポピュラー音楽文化の未来を考え」ながら、「ポップソングをどう人々の心に届けるか」をテーマに徹底的に討論している。

電子書籍「ポスト『J-POP』の時代——激変する音楽地図とクリエイションのゆくえ」
水野良樹、kz、柴那典、宇野常寛
Kindle版
出版:PLANETS
Kindle 購入価格:499円

目次:
・「大衆」という言葉の変化
・J-POPの黄金時代は何故成立しなくなったのか
・共感から参加へ
・ハッキングされたオリコンチャート
・オリンピックのテーマ曲はどう機能したか
・コミュニティ・ミュージックの可能性と限界
・コミュニティを繋げるものは
・プラットフォームを作る「場」としての音楽
・J-POPとグローバルポップ
・J-POPの武器としてのキャラクター性
・偶然性の回路を取り戻す
・今、音楽が戦わなければならない相手は何か
・音楽に参加する仕組みを形作る
・いま改めて、J-POPの「世界進出」の可能性を問う

ポスト『J-POP』の時代——激変する音楽地図とクリエイションのゆくえ(Amazon Kindleストア)

関連記事

柴 那典インタビュー

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。