ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

最近のGalaxyスマートフォン海外モデルは完全に日本語に対応しています。PC要らずで日本語化も可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

これまでに海外で発売された多くの Samsung Galaxy スマートフォンは日本語には対応しているものの、言語選択画面で「日本語」が選択できず、日本語化するには PC が必要だったりと、少し手間がかかっていましたが、最近の Galaxy スマートフォンで対応が改善されたようで、言語選択画面で「日本語」も表示されるようになり、端末の設定メニューをタップしていくだけで日本語化できるようになりました。最近入手したアルミフレームが特徴の「Galaxy Alpha」では実際にこのようになっていました。Galaxy S 5 までの Galaxy スマートフォンはこちらの記事で紹介しているように ADB コマンドを実行して日本語化できる状態に変更してやる必要があったのですが、Galaxy Alpha では Nexus スマートフォンのように言語選択画面の「日本語」をタップするだけで日本語化されます。Samsung もついに海外スマートフォンでも日本語を公式にサポートしたようです。国内でも SIM ロックフリースマートフォン市場が拡大しており、海外モデルを入手できる機会が増えたことを受けて対応させたのでしょうか。また、Samsung の音声アシスタント「S ボイス」も日本語に対応し、日本語での質問にも日本語で返事してくれるようになりました。Samsung キーボードは以前より日本語をサポートしており、手動で日本語用パッケージをダウンロードするとケータイ・フリック入力ができるようになります。Samsung、ありがとう!


(juggly.cn)記事関連リンク
サンコーレアモノショップ、仰向けで寝た状態でもスマートフォンやタブレットを持たずに操作できる「ゴロ寝スマホ & タブレットスタンド」を発売
Vivo Xplay 3Sの後継「Vivo PD1305」の噂、6インチWQHDディスプレイやSnapdragon 805を搭載、厚さはわずか5.68mm
Material Designに刷新されたAndroid標準EメールクライアントがAOSPで公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP