体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ゴジラ60年の歴史を振り返る 第2回(全7回)

第1回の続きです。

【第6章・・・怪獣ブームの胎動】

 1962年に東宝は怪獣が登場する映画を2本公開しました。
まずは『妖星ゴラス』(本篇監督・本多猪四郎、特技監督・円谷英二、音楽・石井歓)。地球の六千倍の質量を持つゴラスという矮星が地球に衝突することが確実となったため、南極にロケット噴射口を建造して地球の軌道を変え、ゴラスから逃げるという、驚きの発想が繰り広げられる作品です。南極の基地のミニチュアセットは実に精密で広大。後半には、セイウチの怪獣マグマが登場しました。

【関連:ゴジラ60年の歴史を振り返る 第1回(全7回)】

 そしてもう1本が東宝創立30周年記念映画『キングコング対ゴジラ』(本篇監督・本多猪四郎、特技監督・円谷英二、音楽・伊福部昭)です。『ゴジラの逆襲』のラストで氷山に生き埋めにされた2代目ゴジラが7年ぶりに氷山から出現。アメリカ怪獣界の大物・キングコングと対決する話題作で、観客動員数1255万人を記録しました。これは日本の特撮映画史上第2位の記録です(1位は『明治天皇と日露大戦争』)。本作は日米2大怪獣の対決を主軸に据えた構成になっており、エンターテインメントに徹しているのが特徴です。まさにキングコング対ゴジラの戦いを堪能するための作品なのです。

 また昭和30年代の東宝は社長シリーズというサラリーマン喜劇映画をヒットさせており、『キングコング対ゴジラ』と同じ年にはサラリーマン喜劇映画『ニッポン無責任時代』を公開していました。『キングコング対ゴジラ』もサラリーマン喜劇映画の様相を呈しており、当時の東宝映画の特徴の1つを堪能できる作品となっています。

 音楽面では、怪獣映画音楽の1つの形を示した作品となりました。即ち、キングコングのシーン及び怪獣同士の戦いでキングコング優勢の時はキングコングのテーマ曲が流れ、ゴジラのシーン及び怪獣同士の戦いでゴジラ優勢の時はゴジラのテーマ曲が流れるという構成になっています。この手法はこの後の怪獣映画でもよく見られます。
尚、中禅寺湖でのキングコングとゴジラの初対決と、クライマックスの戦いでは戦闘専用曲「キングコング対ゴジラ」が流れます。
この映画におけるゴジラのテーマ曲は「ゴジラの猛威」(「ゴジラの恐怖」)ですが、冒頭にショッキングなイントロが響き渡り、「ゴジラの猛威」のメロディの後にダイナミックで新たなメロディが追加されました。この「ゴジラの恐怖」のイントロが平成時代に至るまで使われ続けることになります。余談ですが、1964年の香港映画『妲己』(音楽・伊福部昭)に、『キングコング対ゴジラ』における「ゴジラの恐怖」にそっくりな劇伴が登場します。

 さて、本作のクライマックス、熱海城で攻防戦を繰り広げたキングコングとゴジラは相模湾に落下。勝負は引き分けとなりますが、ラストシーンは南洋の島に帰るキングコングの後姿であり、キングコング優勢とも解釈できるラストでした。「終」の文字と共に響き渡るキングコングとゴジラの鳴き声は、本作がキングコングとゴジラの戦いに主眼を置いた映画であることを象徴しています。

 尚、『キングコング対ゴジラ』『妖星ゴラス』等の特撮映画で編集を担当した兼子玲子は息つく暇もないほど早いテンポで場面転換を繰り返し、作品を盛り上げました。

 1963年に東宝が公開した、怪獣が登場する映画は、『海底軍艦』(本篇監督・本多猪四郎、特技監督・円谷英二、音楽・伊福部昭)です。東宝特撮映画4作に登場した万能戦艦・轟天号が初登場した作品です。轟天号は海上を航行するだけでなく海中に潜ることも空中を飛行することもできる万能戦艦で、伊福部昭による勇壮な「海底軍艦マーチ」に乗って空中を飛び回る姿はパワフルです。

 怪獣は、敵側のムウ帝国の守護神である龍・マンダが登場。『妖星ゴラス』に続いて怪獣がチョイ役で登場する展開になっています。
特撮面では、避難民が乗り込もうとする船が爆破されるシーンの合成が巧い。
余談ですが、『海底軍艦』には太平洋戦争中の架空の潜水艦・伊号403が登場します。伊号400型潜水艦は近年、ブラウザゲーム『艦隊これくしょん ~艦これ~』やテレビアニメ『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-」で有名になりました。

 ところで昭和30年代の東宝特撮映画には、変身人間シリーズという路線もありました。元祖は1954年の『透明人間』(本篇監督・小田基義、特技監督・円谷英二、音楽:紙恭輔)で、その後、1958年に『美女と液体人間』(本篇監督・本多猪四郎、特技監督・円谷英二、音楽・佐藤勝)、1960年に『電送人間』(本篇監督・福田純、特技監督・円谷英二、音楽・池野成)と『ガス人間第1号』(本篇監督・本多猪四郎、特技監督・円谷英二、音楽・宮内国郎)、1963年に『マタンゴ』(本篇監督・本多猪四郎、特技監督・円谷英二、音楽・別宮貞雄)が公開されています。

1 2 3 4次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy